男性器

 私たちは考古館で縄文土器を見ているとき、様々な模様や造形で装飾されていても、全体としては器(うつわ)だと思って見ていますよね。だから、模様や造形の中にどこかで見覚えがあるような形や特徴を感じても、いやいやこれは器(うつわ)なんだと無意識のうちに考えを軌道修正するわけです。ところが縄文土器の中に、器(うつわ)とまったく無関係な造形が大胆かつ巧妙に組み込まれていることがあります。

 その例が男性器の表現です。

「男性器のように見えるけれども、それは目の錯覚で自分の思い込みなんだ」

 まるで見てはいけないものを見てしまったような感覚に襲われた時こそ今自分が見ているのは器(うつわ)だという固定観念を捨てて、なぜ自分がそう感じたのか、丁寧に造形や模様を観察してみてください。    きっとモチーフの特徴的な部分を表現していることに気が付くはずです。
縄文の人々は、モチーフの特徴を土器の中に巧妙に組み込む卓越した能力を持っていたのです。

24650168842_9c19d23cb9_z

24768034865_6450ffd4bc_z

24400422959_55e804f990_z

土器の底の部分をひっくり返して見てください。↓
24674629091_c876e406b1_z

24768257865_682968c08d_z

24768198045_c99e2b5e9c_z

 勝坂式と呼ばれる土器を作った縄文の人々は、土から作物が育まれることは、母胎から命が生まれることと同じと考えていました。土器は器の形をしていても、「母胎」や「畑」を表現したものです。そこに男性器を組み込むことは自然なことでした。土からできている土器=「母胎」「畑」と男性器の造形が結合して、命の始まりである「交合(性交)」や、「種まき」ひいては「出産(収穫)」を同時に表現する。それが彼らにとって望ましい現実でした。それを表現した模様が土器として完成することで、繁栄が持続することを願ったのだと思います。