玉抱三叉文

 玉抱三叉文(たまだきさんさもん)は辺が内側に湾曲した三角形と円孔または円で構成されている模様です。円形の玉を三叉文が抱き込んでいるように見えるところから長野県の一部ではそう呼ばれています。この模様も勝坂式の縄文土器で使用頻度が高い模様です。
 この模様は女性器を抽象化したデザインになっています。女性の外部生殖器のちつ口を円孔に、陰唇を三叉文に抽象化して模様としていると考えられます。
 玉抱三叉文は、ただ女性器を表すだけでなく「出産」という意味、そして畑における「収穫」という意味を表していると考えられます。
 玉抱三叉文の別のバリエーションの模様である渦巻三叉文とよばれる模様がありますが、これは玉抱三叉文の円孔を渦巻きに置き換えたものであり、円孔(母胎)の中にへその緒が存在している「妊娠状態」を表していると思われます。
なぜそのように考えるのかというと、土器の模様の中には、渦巻き三叉文→渦巻部分が円孔から飛び出る→玉抱三叉文 という妊娠から出産までの変遷を抽象化したと思われるデザイン表現があるためです。
 玉抱三叉文とは、母胎のなかにへその緒(渦巻き)が存在しなくなった状態、つまり出産した状態を表していると考えられるのです。

21623624244_3383785bdc_z

24141610124_5636f6ff42_z

蛇(男性)と玉抱三叉文 ↓

母胎(畑)を守る蛇(男)もしくは

男と女の合体(種まき)の結果としての出産(収穫)

いずれも無事な出産と収穫を祈るという意味になっていると思います。

24142948883_f9615b4218_z

蛇体文と玉抱三叉文の組み合わせと考えればこれも同じ意味です。 ↓

24769839615_f8b77324bd_z

双環文(母・成熟した女性)と玉抱三叉文(女性器・出産・収穫)↓

無事な出産と収穫を祈願するという意味になっています。

24473988810_78abaa7355_z

 

表も裏も玉抱三叉文(女性器・出産・収穫)で側面から見れば双環文(母・成熟した女性)↓

24143017293_62a8c80e3a_z

これも構成はほぼ同じ ↓

24769888405_b57697468a_z

ここにも玉抱三叉文と双環文のセットがあります。出産したこどもが両手両足を広げて重なっているようにも見えます。彼らの抽象化と組み合わせのテクニックには思わずはっとさせられます。↓

24143073463_744f96e035_z