勝坂式の縄文土器で代表的な模様と言えば蛇の模様と答える人は多いのではないでしょうか。多くの模様や造形のなかでも蛇は比較的わかりやすいモチーフです。土器の目立つ部分に使われていることもあり、代表的な模様と考えられています。

24287591725_be8af57164_z

23919771969_5e3d16f30f_z

24402922799_a28c6d47fe_z

24287762765_5693516439_z

なぜ蛇が選ばれたのか?

 蛇の餌と言えば、私たちはすぐカエルをイメージします。しかしカエルを主な餌としているのはヤマカガシやシマヘビなどで、マムシやアオダイショウはネズミが主な餌です。ヤマカガシやシマヘビはカエルが住んでいる水辺を生活のテリトリーとしていますが、マムシやアオダイショウはネズミの住む畑や家屋をテリトリーとしています。だから、マムシやアオダイショウは人間の生活範囲と深いかかわりがあります。
 たしかにマムシは毒をもっているため、現代では危険な存在と考えられています。しかしマムシは本来こちらから攻撃しない限り温厚で、むしろ農耕社会では畑をネズミから守ってくれるありがたい存在でした。もちろんアオダイショウも疫病の媒介となるネズミを駆除してくれる有益な存在でした。

SONY DSC

 現在でも日本列島各地でヘビを豊かさの象徴としてあがめたり、倉や家屋の守り神として大切にする風習が残っています。これもマムシやアオダイショウが人間の生活にとって有益な存在だったことと無関係ではないはずです。

 中部、関東地方の勝坂式土器に蛇が多く使われているのも同じ理由です。農耕を中心に生活していた縄文時代の人々にとって蛇は有益な存在だったからこそ土器の目立つところに配置して害獣駆除と豊作を願ったのです。

蛇のもう一つの意味

 ところが土器に蛇が使われた理由はそれだけではありませんでした。彼らにとって蛇はもう一つの別の意味をもった存在だったのです。それは「男性」という意味です。
 1986年に武居幸重という研究者が蛇の把手(とって)に丸い玉のようなものが2つついていることに注目し、それは男性器の睾丸を表していて、「蛇」は「男性」という2重の意味を持った存在として使われていると提唱しました。
その考えに従えば、縄文
の人々は蛇も男性も家や畑など生活の重要なテリトリーを守る役割をもった存在なのだと考えていたことになります。

蛇の模様や造形は畑や集落を守る役割の存在を表す象徴的な記号だったのです。

21623558644_de2b32b8dd_m

21623554964_d79b250151_o

23660658263_2fd51a40dd_z