区画文

 多くの縄文土器には区画模様が組み込まれています。  縄文時代中期の勝坂式土器が出土する地域で暮らしていた人々は、母胎から命が生まれることは、土から命がはぐくまれることと同じことであり、母胎=畑という考えを持っていたと述…

渦巻三叉文

 渦巻三叉文(うずまきさんさもん)は玉抱三叉文の円孔のかわりに渦巻きが配置された模様です。女性器のちつ口を簡略化した円孔の代わりに、へその緒を抽象化した渦巻が存在している、つまり「妊娠」している状態を表していると考えられ…

玉抱三叉文

 玉抱三叉文(たまだきさんさもん)は辺が内側に湾曲した三角形と円孔または円で構成されている模様です。円形の玉を三叉文が抱き込んでいるように見えるところから長野県の一部ではそう呼ばれています。この模様も勝坂式の縄文土器で使…

女性器

 縄文時代の人々は、母胎で子供が育ち、無事に生まれることと、土から作物が成長して収穫されることは同じことだと思っていたと考えられます。なぜなら、彼らはしばしば縄文土器に女性器の模様や造形を埋め込んでいるからです。  縄文…

フクロウ

 縄文土器には双環文と呼ばれる円孔や円環を2つ並べた模様が多く使われています。この双環文のもとになっているモチーフはフクロウだと考えられます。なぜなら写実的なフクロウの顔面を表したと思われる土器が複数存在しているからです…