すこし詳しく

縄文時代と縄文土器の繁栄

 今から約15,000年前から約2,300年前までの約13,000年間は縄文時代とよばれていますが、関東・中部地方では大きな集落が数多く作られ、人口が増加した時期があります。それが今から約5,500年前から約4,500年前までの約1000年の縄文時代中期と呼ばれる期間です。

当時の人口密度は、西日本が100平方キロメートル当たり50人未満、北海道を除く東北が50~100人であったのに対して中部・関東地方は250~300人でした。

 

 教科書では当時の人々は狩猟採集や植物栽培によって生活していたといわれていますが、なぜ大きな集落が数多く作られるようになったのでしょうか? 狩猟採集や植物栽培で村を支えることができたのでしょうか? 多くの研究者たちがこの謎に取り組んでいます。しかし、いまだにはっきりした理由はわかっていません。

手がかりは縄文土器

 当時の集落では、普段の生活で使われる土器のほかに、祭りごとや儀式に使ったと思われる複雑な装飾の土器が作られました。勝坂式土器と呼ばれる縄文土器土器です。
 集落で暮らしていた人々は文字を持っていませんでした。しかし同じ集落の中だけでなく、遠く離れた集落から同じ模様の土器がみつかることから、模様が何かを表してしていて、それを伝える役割をしていたのではないかと考えられています。

勝坂式土器の意味

 それでは様々な模様や造形にはどういう意味があるのでしょうか? 

 土器はおそらく彼らの生活の中で重要な事柄や場面を抽象的なデザインで表したものではないでしょうか。工夫をこらして作られた土器は、ひとつひとつは違う土器に見えても、表現しようとしている内容や意味はほぼ同じであり、土器だけでなく土偶も同じ意味を表現しているのではないでしょうか?

 このサイトでは土器の抽象的なデザインを記号として解説・紹介していきます。