縄文土器の記号から読める観念モデル

勝坂式土器を作った縄文時代中期の人々は頭の中で何を考えていたのだろうか。
記号から導かれるのは
「農耕・栽培による食糧確保と子孫繁栄」

22059558159_abc6ac2a04_z