縄文記号講座 男性の記号

第3回 縄文土器の男性記号「蛇」

投稿日:2017年12月3日 更新日:

 今回は、男性記号である蛇の記号についてリアル系と省略系を例示しながら説明したいと思います。

 蛇の装飾は男性を表していると考えています。なぜそう考えるのかというと、男性のシンボルをオーバーラップさせたと思われる蛇の装飾があるからです。いずれも蛇の造形の脇に丸い突起がついているのが特徴です。
次の画像は蛇体把手と呼ばれ、土器の口部分についていたと思われる破片ですが、蛇の頭の下の両側に2つ丸い突起がついています。


長野県茅野市和田遺跡

 次の土器も、胴体部分から口の部分にかけて蛇の造形がついていますが、蛇の頭の下の両側に丸い突起がついています。


 長野県岡谷市榎垣外遺跡

 このような蛇の装飾や装飾はそれほど一般的ではありません。ごくまれに見つかる程度のものです。ですから、偶然そのように作られたという可能性もまったくないとは言い切れません。しかし、蛇が男性を意味していたと考える理由が2つあります。

・彼らはかなりの技術を駆使して計画的に土器を製作しているので、たまたま気まぐれや偶然で作ったとは考えにくい。

・蛇が男性を表すものと、あたり前に考えられていたのを、製作者がより丁寧に表現した例ではないか。

 土器は高い技術で計画的につくられたものですが、このような細かい部分にこそ、当時の人々が何を考えていたのかが残されています。

 蛇の装飾はリアルなのものから、ほとんど蛇だとわからないぐらい省略されたものまで様々な種類があります。次の長峯遺跡の造形は蛇をリアルに表した代表的なものといえるでしょう。


長野県茅野市長峯遺跡

 次の土器の黄色く囲んだ部分は、あまりリアルな蛇の表現にはなっていません。しかしこれも蛇だと考えられます。青で示した部分は玉抱三叉文と呼ばれる模様で、このサイトでは女性・出産を表す記号と考えています。
このような蛇体と玉抱三叉文の組み合わせは、男性と女性が愛し合い、その結果として出産することを表していると考えます。記号を使って重複する意味を組み合わせて表現することが、勝坂式土器の大きな特徴だと考えています。


長野県茅野市尖石遺跡

 次の曽利遺跡の土器も同じです。出産と女性を表す玉抱三叉文記号(青色の部分)と男性を表す蛇(黄色の部分)がセットで配置されています。黄色の部分は蛇らしい特徴があまり見当たりませんが、蛇を省略した装飾だと考えられます。この土器も先ほどの土器と同じように、男性と女性が愛し合い、その結果として出産することを表していると考えます。


長野県富士見町曽利遺跡

 このように、蛇の記号はリアルなものから省略された記号まで様々です。省略方法によって、様々なバリエーションがあるので、代表的なパターンをご紹介します。

 次の釈迦堂遺跡と下ノ原遺跡の土器は、マムシの銭型の模様の特徴だけを残して、あとはほとんど省略されている例だと考えます。

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


長野県茅野市下ノ原遺跡

 次の中ッ原遺跡と曽利遺跡の土器は、蛇の口の部分の特徴だけを残して、あとはほとんど省略している例と考えます。


長野県茅野市中ッ原遺跡


長野県富士見町曽利遺跡

 次の海道前C遺跡と曽利遺跡の土器は、蛇の頭の部分の特徴だけを残して、あとは省略していると思われます。特に注目していただきたいのは、曽利遺跡の頭の部分です。まるで点で描いた絵のように、男性器が描かれているのがわかるでしょうか。これも蛇が男性と考えられていたことを示していると考えます。

山梨県甲府市海道前C遺跡


長野県富士見町曽利遺跡

 そのほかにも、構成上の約束になっているかのように、共通の場所に配置されている例もあります。それぞれは蛇に見えない場合もありますが、様々な方法で蛇を省略したものであると考えています。

 このように、縄文時代中期の勝坂式土器には、様々なパターンで蛇の造形がつかわれていて、いずれも蛇そのものだけでなく、男性も同時に表す記号として使われていたと考えます。

 いよいよ冬も本番になってきました。長野や山梨は一段と寒さも厳しい季節です。しかし、冬期こそ考古館で縄文の作品をゆっくり鑑賞できるシーズンです。長野県や山梨県の考古館には縄文時代を代表する土器や土偶がそろっています。ぜひ足を運んでいただき、縄文記号を探してみてはいかがでしょうか。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

-縄文記号講座, 男性の記号

執筆者:

関連記事

第10回 縄文土器の女性記号 母胎(その2)

 今まで縄文記号という自前の概念を使って縄文土器の意味について述べてきました。なぜそんな概念を持ち出したのかといえば、縄文時代中期の約1000年に作られた土器を俯瞰するためには、模様や造形を記号として …

第2回 国宝土偶に高度な装飾記号

 前回は縄文土器が世界一であると述べましたが、縄文時代といえば土器だけでなく土偶を思い浮かべる人も多いと思います。 この土偶は、縄文のビーナスと呼ばれる長野県茅野市棚畑遺跡から発掘された国宝の土偶です …

第6回 縄文土器の女性記号「フクロウ」後編

 勝坂式土器は意味不明な模様や造形だらけです。意味不明であればそれを作った人々も意味不明な人間だったのではないかと思ってしまいがちです。しかし、私たちにとって意味不明に見えるのは、造形が何を表している …

第11回 縄文土器の女性記号 母胎(その3)

  前回の講座では約20分の出産の映像を見ていただきました。普段見慣れない映像だったので強い衝撃を感じた人もいるかもしれません。  しかし、母親が力を精一杯振り絞ってこどもを産む姿は、緊張感に満ちてい …

第1回 世界一の縄文土器

  これから縄文時代に記号文化が発達していたのではないかということについてお話しします。 まず最初に人類がいつから記号や文字を使い始めたのかを説明し、次に縄文時代に記号がどのように使われていたのかとい …