縄文時代の人々は、母胎で子供が育って無事に生まれることと、土から作物が成長して収穫されることは同じことだ考えていたのではないかと考えます。なぜなら、彼らはしばしば縄文土器に女性自身と思われる造形を使っているからです。

24675931331_f8e3d9ed18_z
 彼らにとって縄文土器は土でできた器(うつわ)でありながらも、生命を宿す「女性」や「大地」を表すものであり、 無事な出産や豊作をもたらす母胎のようなものだったのではないでしょうか。だから土器には女性自身の造形が使われたり、時には男性の意味を持つ造形まで使われていたのではないかと考えます。
 つまり彼らは、女性と男性が愛し合う行為と同じように、大地に種がまかれることによってすべての命が生まれると考えていたのだと推測します。
 道具としての器(うつわ)という固定観念を捨てて縄文土器を見ると、彼らが何を考えていたのかが徐々に見えてくるような気がします。

24473873950_c1952a5c88_z

24401803249_7b1c861269_z

24141329214_449f6ce72d_z

24473988810_78abaa7355_z

24142684743_1857379c38_z

24769617325_af3c3914f1_z

24769638975_309164bc53_z

24141509314_0334bc9ee7_z

24402038839_0d71b0cdc8_z

0