愛の表現

 彼ら縄文人は、男性と女性が愛し合うことはとても重要だと考えていたと思います。そして女性が妊娠し、命がけで出産することはもっと大切で重要なことだと考えていたと思います。
 また、無事に出産した子どもが健やかに成長するためにはしっかり食料を確保することも重要だったはずです。安定した食料を確保するためには狩猟だけに頼ることはできません。もっと安定的に食料確保ができるように作物を育てることにも力が注がれたはずです。つまり種まきに始まり、作物の成長、収穫が順調であることも重要だったはずです。
 彼らは愛の表現と出産という2つの人間の営みを、種まきと収穫にオーバーラップさせて装飾的に土器に表現していると考えています。愛の表現は男性系の記号と女性系の記号を近接させて配置します。

 男性系の記号とは、「蛇」であり、女性系の記号とは「双環文(フクロウ)」「玉抱三叉文」「渦巻三叉文」「区画文」です。この2種類の記号を組み合わせることによって男女が愛し合うということを表現しています。

 この例では、玉抱三叉文を取り囲むように蛇体文を配置し、愛し合っていることを表しています。玉抱三叉文は出産という意味もあり、愛し合って出産するという意味にもなっています。また、これは種まきと収穫という意味も2重に表している可能性があると思います。

24287591725_be8af57164_z

 蛇頭部が欠けてしまっていますが、上の例と同じく縦の玉抱三叉文に寄り添うように配置されている蛇体文。これも愛し合い出産するという意味だと思います。

24844588185_e63d3a669a_z

 双環文と、その上に配置されたとぐろを巻く蛇体文。畑を守る役割のフクロウ(女性)と蛇(男性)による典型的な愛の表現です。男女が愛し合うことを表すと同時に種まきも表していると思います。 

24726652392_1827482a1e_z

 これもおなじく双環文の上に配置される蛇体文です。これも男女が愛し合うことを表すと同時に種まきを表していると考えられます。 

24476574769_c4f20ac321_z

 これも双環文の上に蛇体を配置し、男女が愛し合っている状態を表しています。蛇体の尾の部分は、女性から赤ちゃんが生まれてくる部分を抽象的に表した女性記号になっていて、この蛇体だけでも男女が愛し合っている表現にもなっていると思います。 

24216621124_e2598c9eae_z

 横から見ると渦巻き三叉文があります。渦巻三叉文の意味は女性、妊婦です。

24726867112_4ee7c93336_z

 この例では蛇体と双環文を重ね合わせています。小さい円文が並んでいますが、マムシの銭型模様を抽象化していると考えられます。これも男女が愛し合うという意味になると思います。

23919771969_5e3d16f30f_z

 これは反対側です。女性から赤ちゃんが生まれてくる部分を比較的リアルに表現していると思います。男女が愛し合うという意味と出産を同時に表していると考えています。

24769617325_af3c3914f1_z

0