玉抱三叉文

 玉抱三叉文(たまだきさんさもん)は辺が内側に湾曲した三角形と円孔または円で構成されている模様です。円形の玉を三叉文が抱き込んでいるように見えるところからそう呼ばれています。この模様も勝坂式の縄文土器で使用頻度が高い模様です。
 この模様は女性の、子供が生まれてくる部分を抽象化した記号だと考えています。記号の意味は「女性」ですが「出産」「母」も同時に意味する記号だと考えています。

 例えばこの縄文土器の例では、蛇と玉抱三叉文がセットになって配置されていますが、蛇は男性を意味する記号でもあるので、男性と女性がセットで配置されているということになります。
 これは男女が愛し合っているということを意味していると思われますが、玉抱三叉文は出産や母という意味もあるので、出産して母になるという意味まで含んでいると思われます。愛し合って出産して母になる過程を同時に表現しているわけです。

 蛇の部分がかなり省略された表現になっていますが、これも玉抱三叉文と蛇と組み合わせと考えていいと思います。

蛇の頭部が欠けていますが、これも玉抱三叉文とセットになっている例です。

 これは玉抱三叉文と双環文がセットになった例です。双環文はフクロウや女性や母を表す記号です。そこにさらに玉抱三叉文をセットにしています。女性の守り神であるフクロウの加護によって無事に出産して母親になりますようにという強い願いを表していると思われます。

 この土器の把手は横から見ると玉抱三叉文ですが、正面から見ると双環文になっています。これも先ほどと同じ意味を表していると思われます。

 玉抱三叉文と双環文をダブらせています。記号の意味から考えると、出産したこどもが両手両足を広げて重なっているようにも見えてきます。彼らの記号の組み合わせのテクニックには思わずはっとさせられます。

 

0