渦巻三叉文

 渦巻三叉文(うずまきさんさもん)は玉抱三叉文の円のかわりに渦巻きが配置された模様です。母胎の中にへその緒を抽象化した渦巻が存在している、つまり「妊娠」「妊婦」の状態を表しているのではないかと思われます。

 渦巻三叉文は、区画文に組み込まれて使われることが多いことから、大地で命が育くまれ「作物が成長している」「命を宿している」状態を表すときにも使われていると思われます。

0