前回の講座まで勝坂式土器の男性記号について紹介してきました。今回から2回に分けて女性記号である「フクロウ」についてご紹介したいと思います。 
 
 フクロウの記号は蛇の記号と同様にリアル系から省略系まで様々なバリエーションがあります。最も典型的なのは丸い2つの環を連結した「双環(そうかん)」と呼ばれる装飾です。多くの勝坂式土器に共通して使われていて、フクロウの目の部分を抽象化したデザインであり、省略系の記号と言ってよいと思います。

長野県茅野市下ノ原遺跡


長野県茅野市下ノ原遺跡  

 双環よりもややフクロウの顔面を具体的に表した思われる土器の例もあります。次の例は省略系とリアル系の記号の中間と言ってよいと思います。

長野県茅野市長峯遺跡

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡

長野県岡谷市海戸遺跡

 双環をはじめとするフクロウの記号は高い頻度で女性に関する勝坂式土器の装飾や造形と一緒に使われています。例えば、土偶は妊娠した女性ですが、頭の部分に双環が配置されているものが多く見られます。

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


 

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


 また、顔面把手(がんめんとって)と呼ばれる土器の装飾にも土偶と同じように双環が配置されているものが多く見られます。
 この顔面把手付深鉢は土器の胴部分に双環があり、口部分には顔面がありますが、顔面の裏には双環が配置されています。

山梨県北杜市海道前C遺跡

 次の顔面把手付深鉢は、出産の様子を表しているとされている土器です。(撮影画像がないため、発掘報告書の図録を引用)土器の口部分に双環があり、その下の胴部分に出産中の子供の顔がのぞいています。土器の口部分には顔面把手がありますが、母親を表していると思われます。その母親の顔面の裏にも双環が配置されていて、かつフクロウの顔も表現されています。このことからも、フクロウや双環は出産や母親とかかわりが深い記号であることが窺えます。
 また、この土器はフクロウの省略系の記号とリアル系の記号が並存している珍しい例ですが、彼ら縄文人は抽象度が違う記号を同時に使い分けていたことを示していると思います。

山梨県北杜市津金御所前遺跡
(土器の所在については北杜市教育委員会にお問い合わせください。)


 また、勝坂式土器には出産の記号と重ねあわされている双環もしばしば見られます。

長野県茅野市棚畑遺跡

 これらのことをあわせて考えると、フクロウの記号はフクロウそのものだけでなく、土偶や顔面把手のような女性や母を表したものと密接な関係があり、同時に出産とも密接なかかわりがある記号と考えられます。

 フクロウの記号は、第4回の講座で説明した蛇の記号と並んで勝坂式土器の特徴と言ってもいい記号です。なぜ彼らはフクロウと蛇を主な記号にしたのでしょうか? 
 彼らをとりまく環境の中には、熊や猪や鹿など様々な動物が存在していたはずです。その中からあえてフクロウと蛇を記号に選んだのは、きっと共通する理由があったからだと思います。蛇とフクロウに共通するもの、それは「餌」です。


 フクロウと蛇は作物や貯蔵穀物の害獣である野ネズミが主な餌です。当時の食糧確保の手段として栽培・農耕が重要だったとすれば、フクロウと蛇は人間の生活を守ってくれるありがたい存在であり、それ以外の動物とは一線を画す特別な存在だったはずです。
 さらに蛇は男性の象徴、フクロウは女性を象徴する存在であり、フクロウは生活の重大事である出産の守り神のような存在でもあった。そう考えるとフクロウの記号が土器だけでなく土偶や出産の記号とあわせて使われていたことも納得がいきます。
 仮説推論も含んでいますがフクロウの記号は女性や母を表していて、なおかつ無事な出産を司る象徴的な記号だったと考えていいだろうと思います。

 勝坂式土器について「蛇」をWebで検索すれば多くの情報がヒットします。おそらく蛇は土器の中で一目でわかりやすい造形だったこともあるかもしれません。しかし、土器にフクロウに似た模様・造形があることに触れている情報はほとんどありません。
 それは縄文時代が狩猟・採集だけで成り立っていた時代だと長い間考えられてきたためです。フクロウは世界の歴史ではネズミなどを駆除し豊穣をもたらす農耕社会の偶像や神として登場します。しかし狩猟採集社会と考えられていた縄文時代にはフクロウが登場する根拠がありません。フクロウに似た模様や造形があっても、研究者はそれを取り上げることを避けざるを得なかったと思われます。
 最新の縄文研究によれば、地域差はあるものの、少なくとも縄文時代中期には栽培・農耕が営まれていた可能性があるという発表が増えてきています。おそらく今後は、地域によってはフクロウが勝坂式土器の記号として使われていたということが徐々に認知されていくだろうと思います。

 フクロウと蛇、この2種類の記号をわかっているだけでも土器の意味がところどころ読めてくるはずです。考古館で実物の土器の素晴らしさを味わってみてはいかがでしょうか?
 次回はフクロウの記号の後編です。よりリアルなフクロウや、あっと驚くような形で土器へ組み込まれているフクロウをご紹介したいと思います。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

0