勝坂式土器は意味不明な模様や造形だらけです。意味不明の土器であればそれを作った人々も意味不明の人間だったのではないかと思ってしまいます。しかし、私たちにとって意味不明に見えるのは、造形がどのように組み合わせられているのか、何を表しているのか、記号としての意味や使い方のルールが私たちの頭の中にインプットされていないからです。
 これからご紹介する土器は、フクロウや蛇の記号がわかっていれば、複雑な造形が理解できるという例です。
 
 この土器は山梨県笛吹市釈迦堂遺跡の土器です。土器の口部分から立ち上がる4本の見事な把手(とって)に目を奪われます。滝壺にわきあがる水煙をイメージして水煙文土器と呼ばれています。

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡 水煙文土器

 この4つの把手の中にフクロウの記号が組み込まれています。まずこのアングルから見ていきましょう。この中にリアル系のフクロウの記号がいくつあるでしょうか?

 おわかりになりましたか? 答えは4つです。

 たまたま、この角度から見たときにフクロウの顔に見えるだけじゃないのか?
目の錯覚や思い込みでそう見ようとするからそう見えるだけじゃないのか? そう考える人も多いかもしれません。
 しかし、この角度から見えるのはフクロウの姿だけではありません。左のフクロウには妊娠の記号がついていて、右のフクロウには次回の講座で説明するリアル系の出産の記号がついています。そしてその2つの記号は今見ているこの角度から正面に見える場所に配置されています。つまり、この土器は把手と正対するような角度から見られることを前提に作られています。


 また、それぞれのフクロウの頭の上には蛇の記号(男性の意味)があります。一見すると蛇行するひも状の造形ですが、ある角度から見ると蛇の頭部分やとぐろを巻いたように見えます。フクロウの記号(女性、母の意味)とセットで男女が愛し合うという意味になっていると思われます。

 前回までの講座でご紹介してきたように、彼らは蛇や男性自身を一見わかりにくい状態で土器に組み込んでいました。しかし私たちがそれを注意深く見れば、わかるように作られていたのも事実です。それは、彼らが実際の蛇や男性自身の特徴をよくとらえて造形を作っていたからそう見えるわけです。  
 彼らは土器を見る人すべてが、素直に見ればそれとわかるように特徴をしっかり表現して対象物を作っているのです。複数の土器を注意深く見ていると共通の造形が「そう見える」のであれば、「そう見えるものがそこに意図的に作られている」「共通の意味ある形が使われている」と考えて良いはずです。また、ある角度や距離から見ると「そう見える」のも、彼らの計算のうちなのだと考えたほうがいいと思います。

 それでは水煙文土器のアングルを変えて見てみましょう。向かって右側の把手が正面に来るように反時計回りに移動します。先ほどのように妊娠や出産の記号らしいものは見当たりませんが、やはりリアル系のフクロウの記号が3つあります。


 次のアングルに移動します。ここから見ても4つリアル系のフクロウの記号が見えます。

 最後のアングルからも3つのリアル系のフクロウの記号が見えます。


 2対ある複雑で意味不明の把手も、オスとメスのフクロウがつがいで寄り添い、男女が愛し合っていることをフクロウの造形を借りて表現しているのではないかと思われます。

 この水煙文土器は「男女が愛し合って、妊娠して、出産する」という意味になります。

 この土器も今までご紹介してきた土偶や土器と同じ意味です。


 

 次にご紹介するのはあっと驚くような方法でフクロウの記号が組み込まれている例です。この土器は前回の講座で双環について説明した長野県茅野市下ノ原遺跡の土器です。

長野県茅野市下ノ原遺跡 

 双環のほかにマムシの銭型模様を省略した省略系の蛇の記号がついていて、蛇(男性)とフクロウ(女性、母)を表しています。

 今この土器を見ている場所から反時計回りに2歩回り込みます。

 そこに現れるのはフクロウの顔です。


もう一度元の位置に戻って、今度は土器の180°反対側に移動します。

 この位置から先ほどと同じように反時計回りに2歩回り込みます。

 またフクロウの顔が現れます。

 この土器は省略系の記号である双環と、リアル系のフクロウの記号が同時に使われています。近くで見た場合の省略形の記号と、ちょっと引いて全体を見た場合のリアル系の記号を使い分けているのです。
 今から約170年前、江戸時代の浮世絵師である歌川国芳は、省略した小さな人間を組み合わせて、引いて全体を見た時にリアルな表情の人間になるような「寄せ絵」を描いています。ところが、5000年前にすでにそれと同じような技法が縄文土器に使われていたとは驚きです。

歌川国芳 寄せ絵

 2回にわたってご紹介したフクロウの記号、いかがでしたか? 
 それでもまだ信じられない。考えすぎか目の錯覚ではないのか。そう思われる方もきっと多いはずです。でも、これ以上は実物を見て判断していただく以外にありません。角度によって刻々と変化する造形、そこに現れたり消えたりする記号の世界。
考古館で5,000年前の彼らのメッセージと対面してみてはいかがでしょうか。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

0