博物館や考古館に展示されている土器から共通の模様や造形を見つけ出すのは容易なことではありません。例えば、女性自身が「女性」「出産」を表すというルールを知らなければ、一つ一つの土器は不可解な土器のままです。そもそも模様や造形が違えば、意味も違うだろうと考えるのは至極当然であり、現代の私たちに限らず、おそらく縄文人にとってもそれは同じだったはずです。つまり、共通の意味とルールがあったからこそ土器は5000年前の人々に受け入れられる存在だったわけです。


 そう考えると、土器の作者は共通の装飾や造形をところどころ使いつつ、集団が共有している共通テーマを見る側にきちんと伝えていたわけであり、蛇やフクロウや女性自身もそのために使われていたわけです。

 しかし、その記号も作者によって表現のばらつきがあります。人間が作るものですから100人が作れば100人の個性があり、模様や造形の意味が解りにくくなる可能性が常にあります。彼らは、まるでそのことを承知していたかのように、意味を補うような「定型化」されたわかりやすい記号をしばしば土器や土偶に使っていました。

 それが今回ご紹介する「玉抱三叉文」(たまだきさんさもん)です。

 玉抱三叉文は丸い穴と三叉文(各辺が内側に向かって湾曲している三角形)がセットになっている装飾です。三叉文が玉を抱き込んでいるように見えるということで土器の研究者は「玉抱三叉文」と呼んでいます。

 わかりやすい例として尖石遺跡の土器があります。土器の口部分の蛇体の下に丸い穴と三叉文が並んでいます。

長野県茅野市尖石遺跡

 このように、玉抱三叉文は丸い穴と三叉文がセットになっています。これは一体何を表しているのでしょうか?

 
 そのことを説明するのにふさわしい土器があります。これは、女性自身を使った例として前回の講座でご紹介した長野県富士見町曽利遺跡の土器です。楕円で囲った部分は女性自身の表現で、「女性」「出産」を表しています。

長野県富士見町曽利遺跡 

 この女性自身の装飾をよりシンプルに定型化したものが玉抱三叉文だと考えています。玉抱三叉文は子どもが生まれてくる穴の部分と、接している襞(ひだ)の部分を抽象化し、女性自身と同様に「女性」と「出産」を表している記号だと考えています。

 

 彼らは、様々な形の女性自身だけでなく、より誰でもわかりやすい定型化された記号として「玉抱三叉文」を考案しました。そして土器のデザインや面積などを考え、意味を補ったり、はっきりさせるためにそれを効果的に使ったと考えています。
 それでは今までご紹介した玉抱三叉文を振り返ってみましょう。

 黄色で囲まれた蛇(男性)と青い玉抱三叉文(女性)で男女が愛し合っていることを表し、玉抱三叉文は(出産)も表します。

長野県茅野市尖石遺跡

 蛇(男性)とフクロウ(女性)で男女が愛し合っていることを表し、玉抱三叉文は(出産)を表しています。フクロウは女性であると同時に(母)も表しています。

長野県岡谷市海戸遺跡

 土偶は妊婦を表すと同時に下半身が男性自身とオーバーラップされていて、男女が愛し合っていることを表し、頭部には玉抱三叉文(出産)があります。


長野県茅野市棚畑遺跡

 妊婦と仮面裏の頭部が男性自身とオーバーラップされていて、男女が愛し合って妊娠していることを表しています。首の両側には玉抱三叉文(出産)があります。


長野県茅野市中ッ原遺跡

 現代の私たちから見ても、これらの模様や造形には彼らの強いこだわりが感じられます。おそらく、誰が見ても意味がはっきりわかる記号を使っていたからこそ、造形や装飾を個性豊かにデザインして、より芸術性を高めることができたのではないでしょうか。
 このように、
彼らは土器や土偶ごとに個性的なデザインを使うだけでなく、より共通性のある記号を使って一定地域の人々にきちんと共通の意味が理解される表現を構築していました。
 もしもこのような絵文字に近い記号が
継続して発達していたのであれば、エジプトやメソポタミアで使われていたような「文字」へと発展していたかもしれません。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

0