第4回 縄文土器の男性記号「男性自身」


 縄文時代のイメージというと、石棒を連想する人も多いと思います。
 石棒は縄文時代中期に主に北陸、中部、関東地方で作られ、集落や住居単位で何らかの祭祀に使用されたと考えられていますが、なぜこのようなものが作られたのか、はっきりしたことはわかっていません。
 ただ言えることは、石棒が作られた地域は縄文時代中期の勝坂式土器が作られた地域とほぼ重なっていて、男性を表す象徴的なものとして存在していたということです。

石棒記録図 武居幸重著『縄文のデザイン』より

 しかし、男性自身を表しているのは石棒だけではありません。これは長野県富士見町の井戸尻考古館に展示されている土器です。よく見ると胴部分に矢印のような造形が組み込まれていますが、これは男性自身(男性器)を省略した表現と言われています。

長野県富士見町曽利遺跡

 
 次の土器は、山梨県釈迦堂遺跡博物館に展示されているものです。丸い底の部分が、男性自身(男性器)を逆さまにしたような形に見えませんか?


山梨県笛吹市釈迦堂遺跡

「見えませんか?」と言われると、そう見えるような気がすることがあります。人間は、見たものを自分の身近なものに置き換えて理解しようとするので、「見えませんか?」と聞かれると自分の身近なものを頭の中で思い出して、それに見ているものが重なった瞬間に「見える」ということになってしまいます。 

 たしかに石棒のように男性自身をそのまま写実的に表現したものであれば、「見える」と言ってもいいと思いますが、この土器の一部が男性自身に「見える」ということについては、見る人のとらえ方によって様々であり、疑問を持つ人も多いはずです。

 しかし、見たものを身近なものに変換して理解しようとするのは現代の私たちも5500年前の縄文人も変わりません。見えるとか見えないということ以前に、当時の彼らにとっても、見ようによってはそう見えるものがわざわざ作られていたことが重要だと考えます。

 たとえばこの土偶を見てみましょう。これは仮面の女神と呼ばれる長野県茅野市尖石縄文考古館に収蔵されている中ッ原遺跡の国宝土偶です。仮面をつけた特異な姿をしていますが、横から見ると腹部が膨らんでいて妊婦であることがわかります。

長野県茅野市中ッ原遺跡

 土偶を後ろから見ると、三角の仮面の裏には人の頭が見えます。唐突ですが、この頭の部分は男性自身(男性器)に見えませんか?
 そう見えたとしても偶然の一致かもしれません。この画像がたまたまそう見えるような角度で撮れてしまっただけという可能性もあります。しかし、ここにも見ようによってはそう見えるものが仮面の裏にわざわざ作られています。

 さらに、記号という観点からみると興味深い点があります。写真では陰になっていてわかりにくいのですが、頭部には仮面を頭に結んでいる帯のような逆V字の造形がついています。その逆V字の造形の内側のエッジは非常に丁寧に直線的に整えられています。まさに細心の注意を払って直線に整えたと言ってもいいほど丁寧に逆V字に仕上げられています。その下に渦巻の模様がついていますが、真正面から逆V字と渦巻きを重ね合わせて見ると、渦巻三叉文と呼んでいる模様になります。渦巻三叉文はこのサイトでは女性や妊娠を表す記号と考えています。
 つまり、仮面の女神は仮面の後ろに男性自身を配置し、女性と男性が愛し合った結果、妊娠したという一連の出来事を表していると思うのです。

 記号らしき模様はこれだけではありません。首の左右には穴が開いていて、これは土偶を焼いたときに空気を逃がすためと考えられています。しかし、この穴にも記号らしき模様がオーバーラップされている痕跡があります。

  見にくい画像で申し訳ありませんが、土偶を正面から見て左の穴をよく見ると、穴の外側が丸く縁取られています。へら状のようなもので押さえた痕が、丸い縁取りの右下方向に直線となって残っています。加工の過程でたまたまそうなってしまったのかもしれませんが、その2本の直線が丸い縁取りの一部分とともに三日月のような形になっています。

 反対の右の穴を見てみましょう。これも見にくい画像で申し訳ありませんが、穴の右下部分にヘラ状のもので押さえ込んだようなくぼみがあり、その部分が小さな三角形になっています。

 丸い穴と三角形がセットになった形は玉抱三叉文と呼ばれる模様です。玉抱三叉文は女性や出産を表す記号だとこのサイトでは考えていますから、この土偶の製作者は、丸い穴にわざわざ三角形の形をつけて、出産という意味を表したのだと推測します。

 しかし、これを読んでいる人はきっとこう思うはずです。
(本当に5000年前の人間がここまで計算して土偶を作ったのか? 偶然そう見えるだけじゃないか)

 もちろん偶然を頭から否定するつもりはありません。しかし、国宝に指定されるような一分の隙もないほどに完成された土偶なのに、この2つの穴だけ手元が狂ってしまったとはなかなか考えられません。

 さて、仮面の女神の頭が男性器に見えるように作られているのではないかということから脇道にそれてしまいましたが、もう少し別の土偶も見てみましょう。

 これは同じ尖石縄文考古館に展示されている国宝縄文のビーナスです。頭部の右側には渦巻三叉文が見えますが、このサイトではそれが女性、妊娠を表す記号だと考えています。


 頭の左側には玉抱三叉文が2つ重なっている造形があります。このサイトでは
玉抱三叉文 は女性・出産・母親を表す記号だと考えています。

長野県茅野市棚畑遺跡

 つまり、この縄文のビーナスも、 先ほどの仮面の女神と同じように 妊娠と出産の記号を頭部付近に持つ妊婦像ということになります。

 それでは、この縄文のビーナスにも男性器のように見えるものがあるとしたらどうでしょうか。

 背後から見たビーナスの下半身です。女性の体を強調するようなボリューム感を持った下半身です。ところが、角度を変えるとその下半身が男性自身(男性器)に見えてきます。


 仮面の女神の頭と男性器が重ねあわされているのと同じように、この下半身が男性器と重ね合わされているのであれば、 仮面の女神と同じ 『男女が愛し合い、妊娠して出産する』という一連の出来事を表していることになります。
 
 女性の下半身と男性器が合体しているこの造形と、男性器に見える仮面の女神の頭部を、それぞれ別々に見れば、偶然か何かの間違いということで片づけられてしまってもおかしくありません。しかし、2つの国宝土偶それぞれに、そのような造形が作りこまれていることは、偶然の一致では説明がつきません。

 この男女が愛し合うという表現について、さらに土器についても見てみましょう。

長野県岡谷市海戸遺跡

 この土器は第1回の縄文記号講座でご紹介した岡谷市海戸遺跡の顔面把手付深鉢です。顔面把手の裏には妊娠を表す渦巻三叉文と出産を表す玉抱三叉文が配置されていました。そして、男性を表す蛇と女性を表す双環(フクロウ)も配置さていて、男性と女性が愛し合っていることを表し、正面から見た土器全体は妊婦を表しています。
 
 つまり、男性器の造形を使っていないものの、縄文のビーナスや仮面の女神と同じように、顔面把手の顔面部分に妊娠と出産の記号を持ち、男女が愛し合って、妊娠して出産するという一連の出来事を表していることになります。
 
 これらの土偶や土器は、姿形はまったく違っているのに、 模様や造形を記号として分解すると、構成は驚くほど共通しています。それは、同じテーマをそれぞれが独自の工夫で表現していることになるのではないでしょうか。


 彼らの造形技術や記号の配置技法はあまりにもさりげなく、時には驚くほど大胆です。思いこみや見間違いではないかと錯覚させるほど巧妙に、形を調整し、微妙なバランスで全体と一体化しています。これらの土器や土偶は、まさに彼らの熟練の技によって作られたと言っても良いと思います。

 現時点の考古学では、これらの土器や土偶がどのように使用されたのかはっきりわかっていません。しかし、集団全体のシンボルとして、様々な技術や視覚効果を駆使して作られた特別なものであることは間違いないと思います。

 ぜひ考古館に出かけて現物を見てください。そして、この講座で述べていることが本当なのか、その目で確かめていただければと思います。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

第3回 縄文土器の男性記号「蛇」

 今回は、男性記号である蛇の記号についてリアル系と省略系を例示しながら説明したいと思います。

 蛇の装飾は男性を表していると考えています。なぜそう考えるのかというと、男性のシンボルをオーバーラップさせたと思われる蛇の装飾があるからです。いずれも蛇の造形の脇に丸い突起がついているのが特徴です。
次の画像は蛇体把手と呼ばれ、土器の口部分についていたと思われる破片ですが、蛇の頭の下の両側に2つ丸い突起がついています。


長野県茅野市和田遺跡

 次の土器も、胴体部分から口の部分にかけて蛇の造形がついていますが、蛇の頭の下の両側に丸い突起がついています。


 長野県岡谷市榎垣外遺跡

 このような蛇の装飾や装飾はそれほど一般的ではありません。ごくまれに見つかる程度のものです。ですから、偶然そのように作られたという可能性もまったくないとは言い切れません。しかし、蛇が男性を意味していたと考える理由が2つあります。

・彼らはかなりの技術を駆使して計画的に土器を製作しているので、たまたま気まぐれや偶然で作ったとは考えにくい。

・蛇が男性を表すものと、あたり前に考えられていたのを、製作者がより丁寧に表現した例ではないか。

 土器は高い技術で計画的につくられたものですが、このような細かい部分にこそ、当時の人々が何を考えていたのかが残されています。

 蛇の装飾はリアルなのものから、ほとんど蛇だとわからないぐらい省略されたものまで様々な種類があります。次の長峯遺跡の造形は蛇をリアルに表した代表的なものといえるでしょう。


長野県茅野市長峯遺跡

 次の土器の黄色く囲んだ部分は、あまりリアルな蛇の表現にはなっていません。しかしこれも蛇だと考えられます。青で示した部分は玉抱三叉文と呼ばれる模様で、このサイトでは女性・出産を表す記号と考えています。
このような蛇体と玉抱三叉文の組み合わせは、男性と女性が愛し合い、その結果として出産することを表していると考えます。記号を使って重複する意味を組み合わせて表現することが、勝坂式土器の大きな特徴だと考えています。


長野県茅野市尖石遺跡

 次の曽利遺跡の土器も同じです。出産と女性を表す玉抱三叉文記号(青色の部分)と男性を表す蛇(黄色の部分)がセットで配置されています。黄色の部分は蛇らしい特徴があまり見当たりませんが、蛇を省略した装飾だと考えられます。この土器も先ほどの土器と同じように、男性と女性が愛し合い、その結果として出産することを表していると考えます。


長野県富士見町曽利遺跡

 このように、蛇の記号はリアルなものから省略された記号まで様々です。省略方法によって、様々なバリエーションがあるので、代表的なパターンをご紹介します。

 次の釈迦堂遺跡と下ノ原遺跡の土器は、マムシの銭型の模様の特徴だけを残して、あとはほとんど省略されている例だと考えます。

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


長野県茅野市下ノ原遺跡

 次の中ッ原遺跡と曽利遺跡の土器は、蛇の口の部分の特徴だけを残して、あとはほとんど省略している例と考えます。


長野県茅野市中ッ原遺跡


長野県富士見町曽利遺跡

 次の海道前C遺跡と曽利遺跡の土器は、蛇の頭の部分の特徴だけを残して、あとは省略していると思われます。特に注目していただきたいのは、曽利遺跡の頭の部分です。まるで点で描いた絵のように、男性器が描かれているのがわかるでしょうか。これも蛇が男性と考えられていたことを示していると考えます。

山梨県甲府市海道前C遺跡


長野県富士見町曽利遺跡

 そのほかにも、構成上の約束になっているかのように、共通の場所に配置されている例もあります。それぞれは蛇に見えない場合もありますが、様々な方法で蛇を省略したものであると考えています。

 このように、縄文時代中期の勝坂式土器には、様々なパターンで蛇の造形がつかわれていて、いずれも蛇そのものだけでなく、男性も同時に表す記号として使われていたと考えます。

 いよいよ冬も本番になってきました。長野や山梨は一段と寒さも厳しい季節です。しかし、冬期こそ考古館で縄文の作品をゆっくり鑑賞できるシーズンです。長野県や山梨県の考古館には縄文時代を代表する土器や土偶がそろっています。ぜひ足を運んでいただき、縄文記号を探してみてはいかがでしょうか。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館