おしらせ

太陽復活祭「穴巣始」

投稿日:2016年12月21日 更新日:

スワニミズム イベント 太陽復活祭「穴巣始」
時:2016.12.21
於:長野県茅野市

 スワニミズムのイベントで、長野県茅野市かんてんぐらにて縄文土器の話をしてきました。
まず諏訪信仰における御室神事の意義を田中基氏が述べ、石埜三千穂氏が神事の概念を補足提起するという流れで始まったトークイベント。そこから縄文時代中期に通じる共通概念が土器から読み取れるかという壮大すぎる(?)テーマ。結局、両氏からの激ツッコミされながら演者3人が楽しんでいる展開に。お題のある展開はしんどかったけれど、これがなかなか自分にとっては大いに勉強になりました。
 続いてACHICOの火焔ダンスやラビラビのライブも大いに盛り上がりました。
ご協力・参加いただいた方々ありがとうございました。

<プログラム>
17:00開場・ショップオープン
18:00開演
①トーク「御室――ミシャグジと再生
田中 基(縄文図像学・諏訪信仰研究家)
武居竜生(スワニミズム 記号考古学者)
石埜三千穂(スワニミズム 事務局長)
②穴巣始のセレモニー
縄文太鼓:OZAKI NAFSHA
水女舞:あまら 和/キモト リエ
③太陽復活Live(19:44 冬至)
ネオプリミティヴ:ラビラビ
火女舞:ACHICO

<入場料>
2,000円 ※フード・ドリンク出店あり

-おしらせ

執筆者:

関連記事

武居幸重 講演終了のお礼

武居幸重講演 「文様解読から見える縄文人の心」 日時:2013年8月24日 13:30~15:00 場所:尖石縄文考古館  武居幸重の講演には、予想を超える多数の方にご参加いただき本当にありがとうござ …

FMで縄文土器記号講座?

6月からエルシーブイFMの「キィーベーの日曜散歩道」で月に1回だけ10分間、超小出しに縄文土器についてしゃべらせていただいています。 パーソナリティーはキィーベーこと朝倉清さん あらゆる分野に柔軟な発 …

日本記号学会発表

日本記号学会第37回大会 「モードの終焉?―デジタルメディア時代のファッション」  大会のメインタイトルでもあるモードについての2日間のディスカッションはファッションにまったく縁のない私にとっても刺激 …

武居幸重・武藤雄六による縄文農耕論・図像学講演会のお知らせ

講演会のお知らせ かつて考古館で土器の図像について激論を交わし、その後互いに独自の道を歩んできた二人。 真摯に縄文農耕の実証を切り開いてきた二人が実に数十年ぶりに同じステージに登壇します。 武藤雄六 …

ワンネスミーティング・トークライブ(代官山UNIT)

2017.2.10 代官山UNITでワンネスミーティングのトークライブに参加させていただきました。 トークでは縄文土器に埋め込まれている記号について「妄想だ」とかツッコミを受けつつ、「じゃあこんな妄想 …