その他

区画文

投稿日:2016年2月11日 更新日:

 母胎から命が生まれることは、土から命がはぐくまれることと同じことであり、彼らは母胎=大地という考えを持っていたと思われます。ですから区画模様を畑を抽象化した記号だと解したいところですが、残念なことに今のところ畝(うね)の跡などの畑の存在を証拠立てるようなものは見つかっていません。つまり、どのような形態の栽培・農耕が展開していたのかまだはっきりわかっていないのが現状です。
 しかし、区画文の中に玉抱三叉文を組み込んでいる例が多くの土器に見られ、これは「出産」と「収穫」をオーバーラップして表現しているのではないかと思います。また、渦巻三叉文を組み込んでいる場合もあり、これは「妊娠」と「成長」をオーバーラップさせて表現しているのではないかと思います。仮にそれが正しいとすれば、栽培・農耕に適した一定エリアを区画模様で表現していた可能性も高いと思っています。

24770772145_7b811568c9_z




24142597594_f54741bb8d_z

24744603396_f20a1a26df_z

24677367851_68b1ef2833_z

-その他

執筆者:

関連記事

玉抱三叉文

   勝坂式土器によく使われている装飾として玉抱三叉文(たまだきさんさもん)があります。これは丸い穴と三角形の三叉文(各辺が内側に向かって湾曲している三角形)がセットになっている装飾ですが、三叉文が玉 …

渦巻三叉文

 渦巻三叉文(うずまきさんさもん)は玉抱三叉文の円のかわりに渦巻きが配置された模様です。母胎の中にへその緒を抽象化した渦巻が存在している、つまり「妊娠」「妊婦」の状態を表しているのではないかと思われま …

女性の記号

 縄文時代の人々は、母胎で子供が育って無事に生まれることと、土から作物が成長して収穫されることは同じことだ考えていたのではないかと考えます。なぜなら、彼らはしばしば縄文土器に女性自身と思われる造形を使 …

男性の記号

 考古館で縄文土器を見ていると想像してください。目の前には様々な模様や造形で装飾された土器が並んでいます。私たちはそれを器(うつわ)だと思って見ています。だから、模様や造形の中にどこかで見覚えがあるよ …

双環文(フクロウ)

 縄文土器には穴が2つ連結した双環文と呼ばれる模様が多く使われています。  このサイトでは双環文のモチーフはフクロウだと考えています。彼らはフクロウを使って何らかのテーマを土器に与えていたと考えます。 …

PREV
NEXT
女性の記号