武居竜生撮影 写真家 三好祐司

武居竜生(Ryusei Takei)

縄文記号研究者

<自己紹介>
 小さい頃の私は、縄文時代に関するものすべてが嫌いでした。なぜなら私の父は家庭をほったらかしにして、遺跡発掘のボランティアや自然保護運動などに没頭していたからです。
 当時は高度成長期と呼ばれた時代でした。夏休みになると友達は海水浴や動物園や遊園地に家族そろって出かけます。私はそんなところに連れて行ってもらえるわけでもなく、いつも友達の楽しげな話を聞くだけでした。

 唯一私が連れて行ってもらったのは地元の考古館です。父は考古館でいつも職員と話し込んでいました。何もすることがない私は薄暗い館内でポツンと一人で土器を見ていました。私にとって考古館や縄文時代は退屈で、面白くもなんともない世界でした。

 私はそんな家から一刻も早く外の世界に飛び出したいと思いました。高校を卒業してすぐ上京し、アルバイトをしながら大学に通い、幸いにも就職して家庭を持つこともできました。連日深夜まで働く日々を送っていたある日のことです。書店で縄文土器の写真集を見て、ふと思いました。
 今の自分ならこの土器の意味がわかりそうな気がする。父に聞けば何かヒントを教えてもらえるかもしれない。
 しかし、私は父のような人生は歩みたくないと思っていました。それに家を出てからというもの、ほとんど父と口さえきいていません。結局、私は父に言い出せないまま、時間を見つけては考古館に出かけ、昔のように土器を眺め、それが何を意味しているのかを考えるようになりました。

 ある日、遺跡発掘の図録を見ていたときのことです。突然、ある土器の模様の意味がわかった気がしました。ただの思い込みかもしれないと思いましたが、考えれば考えるほどつじつまが合っているように思えます。どうしようか悩みました。縄文土器の模様の意味がわかったなんて、人に話しても信じてもらえるどころか気が狂っていると思われるに決まっています。でも、これを避けて通って本当にいいのだろうか。父のことが脳裏をかすめます。
 
 苦しまぎれにその時に読んでいた本を参考にして、模様を記号に置き換えてみました。すると、モヤモヤしていた模様と意味との関係がすっきりと説明できます。私はその内容を小冊子にまとめてみました。しかし、縄文土器の意味がわかるなどという荒唐無稽な内容に加えて、記号まで持ち出すのですから、誰にも見向きもされないのは当然です。それでも諦めの悪い私は、その内容をこのサイトで記録・追加していこうと考えました。

 5000年前の人間が何を考えていたのか理解するなんて、無謀を超えて狂気の沙汰です。ことによると私は本当に気が狂っているのかもしれません。しかし、縄文人の思考と現代の思考をつなげることができれば、私たちは時空を超えて彼らと同じ世界を共有することができるはずです。そして、そこに私たちが今を生きるための答えがあるような気がしてなりません。

※おことわり
・このサイトでの「縄文時代」は今から約5500年前~4500年前の縄文時代中期を指しています。
・このサイトでの「縄文土器」は縄文時代中期に中部・関東地方を中心に作られた勝坂式土器を指しています。