プロフィール

武居竜生

撮影 写真家 三好祐司

武居 竜生
(Ryusei Takei) 
縄文記号研究者

<自己紹介>

 私は縄文土器や土偶の意味を研究している民間の研究者 武居竜生と申します。何卒よろしくお願い申し上げます。

 私は小さい頃から縄文時代に関するものが嫌いでした。なぜなら、私の父は遺跡発掘のボランティアや縄文土器の研究に没頭していて、まったく家庭を顧みることがなかったからです。家は自営業でしたが、いつも経済的に苦しい状態でした。
 
 夏休みになると友達は海水浴や動物園や遊園地に家族そろって出かけます。でも、私はそんなところに連れて行ってもらったことはなく、いつも友達の楽しそうな話を聞くだけでした。
 
 私が父に連れて行ってもらったのは遺跡の発掘現場か地元の考古館でした。父は私をほったらかしていつも職員と話し込んでいましたから、私は土器や石器を見る以外にすることがありません。私は心の底では縄文時代のことが嫌いでした。

 私はいつもそんな家から外の世界に飛び出したいと思っていました。高校を卒業してすぐ上京し、アルバイトをしながらなんとか大学を卒業し、就職して幸いにも家庭を持つこともできました。

 連日深夜まで働く日々を送っていたある日のことです。書店で縄文土器の写真集を見て、ふと思いました。

 (土器の模様一つ一つに意味があるとすれば、きっと何かの方法でこの土器の意味がわかるんじゃないか)

 あれだけ父のような人生は歩むまいと思って生きてきたのに、どうしても土器や土偶に興味が湧いてしまう気持ちを抑えることができません。やがて考古館に出かけ、昔のように土器や土偶を眺め、それが何を意味しているのかを考えはじめてしまいました。

 ある日、遺跡の図録で土器の模様を見ていたときのことです。突然、ある模様の意味がわかったような気がしました。ただの思い込みかもしれないとも思いましたが、その意味をいろいろな土器や土偶に当てはめてみると、つじつまが合っているように思えます。

 しかし、模様の意味がわかったなんて人に話しても、信じてもらえるどころか気が狂っていると思われるに決まっています。土器や土偶の意味なんて分かるはずがない。でも分かる気がする。困ってしまいました。

 苦しまぎれに、その当時読んでいた記号学の本を参考にして、土器の模様を記号に置き換えてみました。すると模様と意味の関係がすっきりと説明できそうです。模様の意味は単なる偶然の思い付きではなく、妥当性があるように思えました。そこでそのことを小冊子にまとめたのですが、ほとんど世間の反響はありませんでした。

 そもそも、多くの人にとって、土器や土偶の意味がわかるなんて、たいした根拠もなく縄文人は宇宙人だとか、土器は暗号だとか言っているのとほとんど同じです。記号学的に見れば意味が理解できると言ったところで、まともに取り合ってくれる人などほとんどいません。

 しかし、縄文土器や土偶の意味を理解することができれば、縄文時代と現代の思考をつなぐことが可能です。そして、同じ世界を共有することができれば、今を生きるための「何か」を見つけることができる気がしてなりません。

 そういうわけで、世界でただ一人の縄文記号研究者として、このサイトで土器・土偶の意味を記録しています。

 長くなりましたが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

主著 (続)縄文心象 (2009 茅野市郷土研究会)
日本記号学会員

投稿日:2017年2月14日 更新日:

執筆者: