武居竜生撮影 写真家 三好祐司

武居竜生(Ryusei Takei)

縄文記号研究者
縄文美術評論家
日本記号学会員

 私の幼少の頃の話です。私は縄文時代に関するものすべてが嫌いでした。なぜなら私の父は家庭をほったらかしにして、遺跡発掘のボランティアや自然保護運動などに没頭していたからです。その頃は高度成長期と呼ばれる時代で、夏休みになると家族連れで海水浴や上野動物園や富士急ハイランドに出かける時代でした。友達の楽しそうな話をいつも聞くだけの私は、父に連れられて地元の考古館に行ったことぐらいしか記憶がありません。
 考古館ではいつも父は職員と話し込んでいて、何もすることがない私は仕方なく土器を眺めていました。薄暗い館内でポツンと一人で土器を見ている子どもが珍しかったのでしょうか、よく大人の見学者から話しかけられたのを覚えています。 
 やがて私はそんな父から離れて一刻も早く外の世界に飛び出したいと思うようになりました。アルバイトをしながら大学に通い、幸いにも就職して家庭を持つこともできました。そして連日深夜まで働く日々を送っていたある日のこと、書店で何気なく縄文土器の写真集を見て突然思いました。

(なんだかこの土器の意味がわかりそうな気がする。父に聞けば何かヒントを教えてもらえるかもしれない。)

 しかし、私は父のような大人にだけはなるまいと思っていました。その父に何かを教えてもらおうとはどうしても思えません。事実、私は家を出てからほとんど父と口さえきいたこともなかったのです。結局、私は縄文関係の本を少しづつ読みながら、考古館で幼少の頃のように土器を眺めては模様や造形の意味を考えるようになりました。
 ある日、遺跡発掘報告書の図録を見ていたときのことです。突然パズルのピースがピタっとはまるように一つの模様の意味が理解できたと思えました。別の模様にも意味が当てはまりそうに思えます。ところが、それをうまく整理することができません。たまたま記号学の知識をかじっていたので、あてはめてみるとうまく説明がつきそうです。そのことを小冊子にまとめてみましたが、まだまだすべてを人に伝えきることができません。そこで、このサイトでそれをお伝えしたいと考えました。
 土器や土偶の意味を考えないまま、ありふれた言葉だけで縄文時代を語るのではなく、縄文造形の意味を少しでも明らかにしていきたいと考えています。