縄文記号講座

第2回 国宝土偶に高度な装飾記号

投稿日:2017年11月16日 更新日:

 前回は縄文土器が世界一であると述べましたが、縄文時代といえば土器だけでなく土偶を思い浮かべる人も多いと思います。
この土偶は、縄文のビーナスと呼ばれる長野県茅野市棚畑遺跡から発掘された国宝の土偶です。

棚畑遺跡 土偶 茅野市尖石縄文考古館

 頭を横から見ると渦巻きが見えます。

渦巻きが細く刻まれています。


 頭の前部分と耳部分が彫り込まれていますが、渦巻き寄りの輪郭を意識すると、渦巻きの余白部分が太い浮き彫りに見えてきます。

 この三角の部分と渦巻きがくっついた模様や造形は、渦巻三叉文(うずまきさんさもん)と呼ばれていて、このサイトでは妊娠を表す記号だと考えています。

 余白の部分がいつのまにか別の形になっていますが、次のような絵でもそのような効果がつかわれています。

エッシャー 闇に向かう白鳥

 次に頭の反対側を見てみましょう。

 この丸と三角は玉抱三叉文(たまだきさんさもん)と呼ばれる模様ですが、このサイトではこれは女性や出産や母親を意味する記号だと考えています。

もう1つ、逆向きの玉抱三叉文があります。

  玉抱三叉文が180度方向を変えて重なっています。次のような絵にもなんとなく共通しています。

エッシャー 書く手

 しかし、渦巻三叉文と玉抱三叉文という記号があると言われても、たまたまそういう模様に見えているだけかもしれませんし、今から5000年以上も前の縄文人がわざわざ記号を使って装飾を考えたとは簡単には信じられません。

 しかし、次のような土器を見ると、それは偶然ではなく意図的に作られていたと思わざるを得ません。

 前回ご紹介した海戸遺跡の顔面把手付深鉢です。顔面把手の裏側には妊娠を表す渦巻三叉文がありました。

 反対側には出産を表す玉抱三叉文があります。

 正面から全体を見ると、胴体が膨らんでいて妊婦を表していると思われます。

 縄文のビーナスも同じです。片側に妊娠を表す渦巻三叉文があります。

 反対側に出産を表す玉抱三叉文があります。

 正面から全体を見ると妊婦です。

 土器と土偶というまったく別のものなのに、記号の観点から見るとほぼ同じ構成です。
いずれも妊娠と出産の記号を使って「無事に妊娠して出産すること」を表そうとしていたのではないかと考えます。

 彼らは、記号を組み合わせて、視覚的な効果まで考えた上で、土器や土偶に高い技術を駆使していたと考えています。

茅野市尖石縄文考古館

-縄文記号講座

執筆者:

関連記事

第6回 縄文土器の女性記号「フクロウ」後編

 勝坂式土器は意味不明な模様や造形だらけです。意味不明であればそれを作った人々も意味不明な人間だったのではないかと思ってしまいがちです。しかし、私たちにとって意味不明に見えるのは、造形が何を表している …

第11回 縄文土器の女性記号 母胎(その3)

  前回の講座では約20分の出産の映像を見ていただきました。普段見慣れない映像だったので強い衝撃を感じた人もいるかもしれません。  しかし、母親が力を精一杯振り絞ってこどもを産む姿は、緊張感に満ちてい …

第4回 縄文土器の男性記号「男性自身」

 縄文時代のイメージというと、石棒を連想する人も多いと思います。 石棒は縄文時代中期に主に北陸、中部、関東地方で作られ、集落や住居単位で何らかの祭祀に使用されたと考えられていますが、なぜこのようなもの …

第1回 世界一の縄文土器

  これから縄文時代に記号文化が発達していたのではないかということについてお話しします。 まず最初に人類がいつから記号や文字を使い始めたのかを説明し、次に縄文時代に記号がどのように使われていたのかとい …

第8回 縄文土器の女性記号「玉抱三叉文」

 博物館や考古館に展示されている土器は、模様や形も様々です。それらの土器から共通する模様や造形を見つけ出すことができて、その模様や形の意味が分かれば、土器全体の意味もだいたい分かるはずです。  例えば …