縄文記号講座 女性の記号

第5回 縄文土器の女性記号「フクロウ」前編

投稿日:2017年12月10日 更新日:

 Webで「縄文土器 蛇」というキーワードで検索すると、蛇信仰など様々な情報がヒットします。おそらく土器に一目で蛇だとわかるような造形があるので、当時の縄文人は蛇を信仰していたのではないかというごく単純な結果に行き当たるわけです。

 しかし、「縄文土器 フクロウ」というキーワードで検索しても、このサイト以外はほとんど情報が検索されません。なぜなら、それは今までの縄文時代観によるところが大きいからだと考えます。

 世界の歴史ではフクロウはネズミなどを駆除し豊穣をもたらす農耕社会の偶像や神として登場します。しかし、縄文時代は長い間、狩猟採集だけで成り立っていたと考えられていたため、フクロウが登場する根拠がありません。だから、今までフクロウに似た造形があっても無視されてこざるを得なかったのだと考えています。

 最新の縄文研究によれば、このサイトで紹介しているような土器や土偶が作られた中部、関東地方を中心とする地域では、大豆や小豆などが食糧の主流を占めていたという研究結果が発表されています。しかし、まだ実態はわからないとして、日本列島全体で見たときは、やはり縄文時代は豊かな狩猟採集社会として発達していたとする見解が根強いのも事実です。

 このサイトでは、蛇やフクロウが栽培・農耕における重要な役割をはたしていて、彼らの生活の中で欠かせない存在だったと考えており、特にフクロウは女性や出産を守ってくれる存在として、記号として使われていたと考えています。

 さて、前置きが長くなりましたが、フクロウの記号について述べたいと思います。

 フクロウは蛇と同様にリアルな表現から省略した表現まで様々なバリエーションがあります。最も典型的なのは丸い2つの環を連結した双環(そうかん)と呼ばれる装飾です。多くの勝坂式土器に共通して使われていて、フクロウの目の部分を抽象化してデザインした記号だと考えています。

長野県茅野市下ノ原遺跡


長野県茅野市下ノ原遺跡

 次は双環よりもややフクロウの顔面を具体的に表した思われるものです。省略系とリアル系の記号の中間のような造形になっています。

長野県茅野市長峯遺跡

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡

長野県岡谷市海戸遺跡

 双環をはじめとするフクロウの記号は高い頻度で女性に関係する装飾や造形と一緒に使われていました。例えば、土偶の頭の裏には高い頻度で双環がつかわれています。

山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


山梨県笛吹市釈迦堂遺跡


また、顔面把手(がんめんとって)の裏や、土器の側面にも双環が配置されているものが多く見られます。

山梨県北杜市海道前C遺跡

 この土器は出産の様子を表しているとされています。(撮影画像がないため、発掘報告書の図録を引用します。)土器の口部分に双環があり、その下の胴部分に出産中の子供の顔がのぞいています。土器の奥の口部分には顔面把手があり、その裏には双環とフクロウの顔がついています。

山梨県北杜市津金御所前遺跡
(土器の所在については北杜市教育委員会にお問い合わせください。)


 また、勝坂式土器には、三角形と丸い穴がくっついたような玉抱三叉文とよばれる造形があります。このサイトではそれを女性・出産を表す記号と考えていますが、その玉抱三叉文と双環を重ねている土器もしばしば見られます。

長野県茅野市棚畑遺跡

 これらのことから、双環やフクロウの造形はフクロウそのものだけでなく、土偶や顔面把手のような女性や出産や母親を表したものと密接な関係があるだけでなく、女性・出産を表す記号とも密接な関係があることがうかがえます。

 しかし、なぜフクロウと蛇が選ばれたのでしょうか?
彼らをとりまく環境の中には、熊や猪や鹿など様々な動物が存在していたはずです。その中からあえてフクロウと蛇を記号に選んだのは理由があるはずです。その理由とは、主な餌が野ネズミということだと考えます。


当時の食糧確保の手段として栽培・農耕が重要だったとすれば、フクロウと蛇は人間の生活を守ってくれる存在であり、それ以外の動物とは一線を画す特別な存在だったはずです。

 これは仮説的推論ですが、このサイトではこう考えます。

 蛇は男性の象徴であり、フクロウはそれに対応する女性を象徴する存在です。特にフクロウは生活の重大事である出産の守り神のような存在でした。そう考えると双環やフクロウの造形が、土器だけでなく土偶や出産を表す玉抱三叉文とあわせて記号として使われていることも説明がつきます。

 フクロウと蛇が、それぞれ男性と女性を表す記号だということを理解するだけでも、縄文土器の意味がところどころ読めてきます。迫力ある造形の土器も、そういう目で見れば違った存在に見えてくるかもしれません。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館
長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館

-縄文記号講座, 女性の記号

執筆者:

関連記事

第9回 縄文土器の女性記号「母胎」(その1)

 第7回の講座では女性自身の造形の意味、第8回の講座では玉抱三叉文の意味について述べてきました。いずれも記号が土器や土偶の一部分に使われていたことを説明してきたわけですが、今回はさらにもう一歩踏み込ん …

第10回 縄文土器の女性記号 母胎(その2)

 今まで縄文記号という自前の概念を使って縄文土器の意味について述べてきました。なぜそんな概念を持ち出したのかといえば、縄文時代中期の約1000年に作られた土器を俯瞰するためには、模様や造形を記号として …

第12回 縄文土器が示す人々の生活

 第11回の講座では出産の映像を見ながら、土器が母胎になぞらえて作られていたことをご紹介しました。  今になってこんなことを言うのもなんですが、あの映像ではまだ出産は終わっていませんでした。たしかに子 …

第1回 世界一の縄文土器

  これから縄文時代に記号文化が発達していたのではないかということについてお話しします。 まず最初に人類がいつから記号や文字を使い始めたのかを説明し、次に縄文時代に記号がどのように使われていたのかとい …

第11回 縄文土器の女性記号 母胎(その3)

  前回の講座では約20分の出産の映像を見ていただきました。普段見慣れない映像だったので強い衝撃を感じた人もいるかもしれません。  しかし、母親が力を精一杯振り絞ってこどもを産む姿は、緊張感に満ちてい …