第12回 縄文土器が示す人々の生活

 第11回の講座では出産の映像を見ながら、土器が母胎になぞらえて作られていたことをご紹介しました。
 
 今になってこんなことを言うのもなんですが、あの映像ではまだ出産は終わっていませんでした。たしかに子どもは無事に生まれたのですが、映像に映っていない重要な出来事がまだ続いていたのです。

後産
 
 それは後産(のちざん・あとざん)と呼ばれるものです。

 子どもが母胎から出ると、再び陣痛が起こり、子宮や膣内に残った胎盤やへその緒をきれいに排出するために子宮全体が収縮します。そして胎盤とへその緒が子宮から剥がれ落ち、母胎から出て来ます。これが後産です。
 病院での出産は医師や助産師が後産の処置を施すための体制を整えています。しかし、薬の利用や分娩技術が現在ほど発達していなかった時代では、速やかに後産を終えることは母胎の命を左右する重大なことでした。
 縄文時代中期に、胎盤が出てくるまでにへその緒が切られていたのかは分りませんが、後産を終えた子どもとへその緒と胎盤は次の画像のようになります。

 私達が映像や画像でよく目にするのは、へその緒が切られた後の子どもです。胎盤を見ることは殆どありませんから、驚いた方もいるかもしれません。
 
 この画像にある胎盤は土のついた根のようであり、へその緒は茎で、子どもは実のようです。これが母胎の中で成長するのですから、母胎は命を育む大地と同じ存在だと感じます。

 しかし、それは私個人の印象であり、この文章を読んで頂いている方がどのように感じるのか分かりません。ましてや5500年前の人々がどう感じたのか分りようもありません。

 ところが、 当時の人々がこれらをどう考えていたのかを知るためのヒントになる土器があります。

埋甕と再生観念

 このサイトで紹介している遺跡から、竪穴式住居の入り口とみられる場所に、土器が埋められた状態で見つかることがあります。これは埋甕(うめがめ)と呼ばれ、出産を終えたへその緒や胎盤、時には死んでしまった子どもが埋葬されていたと考えられています。


中ッ原遺跡Ⅳ次第105号埋甕 発掘報告書
百瀬 一郎・守矢昌文より

 今までの講座で繰り返し述べてきたことですが、 土器は母胎になぞらえて作られていました。 ですから、この土器もただの器(うつわ)ではなく、母胎として扱われていたはずです。へその緒、胎盤、子どもはいずれも母胎の一部と考えられていたので、土器に入れることで母胎に戻されたことになります。さらに植物と同じように、大地に戻って再生するよう埋められたと考えられます。

埋甕の再生観念

私たちが教科書で習った15000年前の縄文時代は、獣を捕らえたり、魚を獲ったり、ドングリや栗を拾うような狩猟採集を中心としていた時代でした。食糧のすべては自然の中で再生されていたはずですから、おのずと再生観念が生じたのはあたり前のように思えます。
 また、日本列島では4万年前の人間の痕跡が見つかっていますから、それ以来ずっと出産は続いてきたはずです。それが埋甕という慣習になったとしても何の不思議はないように思えます。
 しかし、16000年前から再生観念があり、4万年前から出産も続いていたのに、なぜ5500年前に埋甕の慣習が始まったのでしょうか。やはり、それだけでは説明になりません。 きっと何か別の理由があるはずです。

ダイズ、アズキ、エゴマ
 
 近年、埋甕が見つかるような遺跡から新しく発見されているのがダイズ、アズキ、エゴマなどの植物性の食糧です。発掘調査技術の進歩により、急速に発見例が増えており、最近では下記のような研究結果が発表されています。

「アズキ亜属種子が多量に混入する縄文土器と種実が多量に混入する意味」  会田 進・酒井幸則 ・佐々木由香 ・山田武文 ・那須浩郎 ・中沢道彦

  • 日常の生活の中にマメ類やシソ属果実が常態としてある
  • 日常の食生活の中に大きなウエイト占めている
  • 豊富な収穫量があった

明治大学黒耀石研究センター紀要 「資源環境と人類」より

 研究によれば、それらのマメ類などは人間が手を加えて育てたものであり、大量に収穫され食糧の中で大きなウエイト占めていたとされています。特にダイズは蛋白質が豊富であるため、マメ類やシソ属の実などでも生活が成り立っていたのではないかというわけです。作物を育てて収穫していたのであれば、子どもやへその緒や胎盤も、大地から成長する作物のように再生するものと考えられて、埋甕へと発展した可能性はあります。

 しかし、植物性の食糧が見つかっているものの、どのようにそれを育てていたのか分かっていないため、主食だったのかわからないという意見もあります。

 それでは植物性食糧の他に何か手がかりはないのでしょうか?

土器・土偶の共通テーマ

 マメ類などの食糧の他に見つかっているものと言えば、このサイトで紹介しているような土器や土偶です。
 それらが示していたのは、男女が愛し合い、妊娠し、出産するという共通テーマでした。当時の生活が作物を育てて収穫することが中心だったのであれば、共通テーマは作物の成長になぞらえて考えられていたはずです。

  • 男女が愛し合うことは種を撒くこと
  • 妊娠することは作物の芽が出て成長すること
  • 子どもが生まれることは収穫すること
人間と農耕の共通性

 しかし、それだけでは決め手に欠けます。植物性食糧の獲得と人間のライフサイクルが一体化していたことを示す具体的な証拠はないのでしょうか。

アズキが混入した埋甕

 次の画像は長野県下伊那郡豊丘村の伴野原遺跡の埋甕です。


伴野原遺跡33号住居址埋甕 会田 進 他

 発掘後の破片をX線写真を撮ったところ、土器の中に160個のアズキが混入していたことがわかりました。現段階では偶然か意図的だったのか分かっていませんが、仮に偶然の混入だったとしても、土器を製作する過程で明らかに製作者が気がつく程度の量であり、あえてそのまま土器として作ってしまっていることが確認されています。

伴野原遺跡33号住居址埋甕 破片展開  会田 進 他

 土器の外側と内側あわせて160個のアズキが混入していたのですから、いたるところ穴だらけです。製作する段階からすでに日用品としての実用性は低かったと考えられます。

伴野原遺跡33号住居址埋甕 内外種実痕 会田 進 他

 なぜ、このような土器が作られてしまったのでしょうか。

 これはあくまでもこのサイトの考えですが、この土器は最初から埋甕に使うために作られたのではないでしょうか。また、 研究でも示されているように、 粘土に混入していたアズキは、日常生活に当たり前のように植物性食糧が存在していたことを示しています。
 この埋甕は、男女が愛し合い、妊娠し、出産するというサイクルと、作物中心の日常生活が切っても切れない関係にあったことを示す具体的な証拠だと考えます。

まとめ 

 今から5500年前から約1000年間、中部高地や関東を中心とする地域では、作物中心の生活をしていたと考えられます。なぜその地域だったのかという理由については別の機会に譲るとして、当時の人々は次のような観念を持っていたと考えます。

  • 子ども、へその緒、胎盤は母胎の一部であり、母胎と大地は同じ
  • 人間のライフサイクルは作物を育てて収穫するサイクルと同じ
ライフサイクルと農耕サイクル

作物中心の生活と拡大する集団 

 作物を育てて収穫していたのですから、最適な時期に種をまき、最適な時期に収穫するのは当然です。同じ時期に同じことをするのであれば、少人数より集団で一斉にやれば効率的です。また、鳥やネズミや鹿などの害獣から作物を守るにしても、より多い人数で分担するほうが負担が少なくて済みます。
 しかし、集団の人数が増えれば作業効率は上がりますが、1人分の食糧は減ってしまいます。そこで、作物を育てるエリアを増やして増産する必要があります。このように、ひとたび拡大しはじめた集団は次々に拡大再生産せざるを得ません。

 次の図は、縄文時代の時期別・地域別の遺跡数のグラフです。中部・関東地域すべての県は網羅されていませんが、縄文時代中期には飛躍的に遺跡数が増加したことがわかります。(弥生時代に近づくにしたがって遺跡数は減少の一途をたどります。現段階では理由はわかっていません。)

縄文時代史(勅使河原彰、2016、新泉社)

 縄文時代中期の急激な遺跡数の増加を考えると、なぜ縄文土器や土偶が、あれだけ生命の誕生にこだわって作られていたのか理由が見えてきます。
 当時の人々は集団の維持と拡大を望んでいたはずです。いや、望んだというよりも、それが宿命だったと言ってもいいかもしれません。
 再生を示す土器や土偶が大量に作られ、埋甕が慣習化されたのも、そうした背景があったからだと考えます。

 私がこの画像を見たときに、植物のように見えたのは偶然かもしれません。しかし、当時の人々がこれらを母胎の一部であり、植物のように再生するものと考えたのは決して偶然でなく必然だったと考えます。

長野県茅野市尖石縄文考古館
長野県諏訪市博物館長野県岡谷美術考古館
長野県富士見町井戸尻考古館
山梨県北杜市考古資料館
山梨県笛吹市釈迦堂遺跡博物館
山梨県甲府市山梨県立考古博物館
山梨県南アルプス市ふるさと文化伝承館

縄文農耕はどこまでさかのぼるのか

 今までこのサイトでは縄文時代中期から中部・関東地方を中心に、大規模集落の生活を支えるような農耕が存在し、メジャーフードとしてダイズ、小豆を中心とする農耕がおこなわれていた可能性が非常に高いということを述べてきた。

 長野県の武居幸重は1986年に「縄文のデザイン」の中でこう述べている。

 「前期までは焼畑農耕を生活の基盤としていた。いったん火をかけ焼畑をつくると数年で収穫が激減する。そこを放棄して次々と新しい土地を焼いて畑をつくり、30年から40年後に初めの土地に戻るというサイクルで集落周辺を作りまわっていたのである。中期に入ると施肥を行って同じ土地を繰り返し耕作するという有機農法に切り替えたと私は考えている。しかしこの切り替えは一切の畑がそうなったというのではなく、食料確保の主体部が切り換えられたという意味であって、補助部分としては相変わらず焼畑は作られていたのであろう。」

 その当時、日本の考古学会は縄文農耕の存在について否定的であった。後晩期の農耕の存在さえ認めていないのだから、一民間考古学者が中期の有機農法の存在可能性に言及したところで、まともにとりあう研究者はほとんどいなかった。ましてや前期から焼畑が発達していた可能性があるとは、雲をつかむような話だと受け取られても仕方がなかったに違いない。おそらく現在でも縄文時代の農耕が前期にまでさかのぼる可能性について言及しても、それに異を唱える者も少なくないだろう。
 しかし近年、環境工学や地質学といった考古学と関係のない分野の研究者によって、縄文時代の狩猟採集以外の生業活動が早期までさかのぼる可能性が徐々に裏付けされつつある。

 佐瀬隆(北方ファイトリス研究室)は、縄文社会は火山灰に腐食植物を含んだ黒土(黒ボク土壌)、台地地形上に立地する傾向を持っており、黒ボク土壌は縄文人の生業活動による※二次林を生成した跡であるとしている。

※二次林 伐採や火災などによって失われた後に、自然に(もしくは少し人為的に)再生した森林。

 枝村俊郎(神戸大学名誉教授)や熊谷樹一郎(摂南大学 理工学部教授 都市環境工学科)も縄文遺跡の立地性向について、縄文遺跡は黒ボク土壌地帯,台地地形に分布する傾向を持ち、縄文文化=ナラ林圏説が必ずしも正しいわけではなく、黒ボク土のある土地に縄文時代の遺跡が分布していることを明らかにしている。
黒ボク土と遺跡の分布

 山野井徹(元山形大学名誉教授、東北大学総合学術博物館研究員)は、地質学的な見地から黒ボク土が微粒炭を高密度に含んでいることを指摘している。その微粒炭は、人為的な野焼きや山焼きが継続的かつ繰り返し行われたことによって作られ、縄文時代を通じてそのような大規模な野焼きや山焼きが集落周辺で常に行われてきたことを示しているとしている。

 野焼きや山焼きをしていたのであれば焼畑も存在したと考えるのは強引な推測かもしれない。しかし、これらの研究結果が示しているのは、集落の周辺地に焼畑に十分に利用できるような土地環境が、継続的かつ持続的に展開していたという可能性である。野焼きや山焼きによってもたらされた灰や炭は酸性土壌をアルカリ性に改良するだけでなく、カリウムと石灰分を含む肥料としても機能していたことは間違いないだろう。
縄文時代とは、世界に類を見ない豊かな狩猟採集の時代だったのではなく、様々な農耕技術を駆使した時代だった可能性が徐々に濃厚になってきている。はたして日本の考古学会は、この他分野からの問いかけに答えることができるのだろうか。

※焼畑農業 現代に知られている日本の焼畑農業ではヒエ・アワ・ソバ・ダイズ・アズキを中心にムギ・サトイモ・ダイコンなども加えた雑穀栽培型が一般的である。 焼畑の造成はキオロシと呼ばれる樹木の伐採作業から始められる。耕作地を更地にした後、しばらく乾燥させ火を入れる。その後に播種するが、1年目はソバ、2年目はアワ、といったように輪作される事が多い。耕作期間は3- 5年で、その後植林し、15 – 20年間放置して地力を回復させる。(Wikipediaより)

縄文時代は栽培か農耕か

 現在の教科書では、縄文時代は栽培だったが、弥生時代になってようやく本格的な農耕が始まったと教えている。しかし栽培と農耕との境界線はどこにあるのかということはあまり明確に示されていない。

 熊本大学の小畑弘己教授は、2009年にメキシコで開催された世界の植物考古学者のシンポジウム「農耕の起源‐新たな資料・新たな考え」で定義された農耕に関連する用語を紹介している。

 管理(Management)=野生種(植物もしくは動物)の操作とある程度の管理。栽培化もしくは形態的変化なしに。

栽培(Cultivation)=野生もしくは栽培化された植物の種まき。植え付けのための土壌の意図的な準備。

栽培化(Domesticaton)=植物や動物の形態的・遺伝的変化。

農耕(Farming)=※馴化(じゅんか)された植物や動物の利用。

※異なった環境、特に気候の異なった土地に移された場合、しだいにその環境に適応するような体質に変わること。

農耕(Agriculture)=狩猟や採集は続いているが、ある共同体の活動を作物栽培や家畜飼育が支配したり、主要な食物となること。

 これらの定義が世界の農耕と栽培に対する標準的な基準ということになるが、この基準によれば縄文時代と弥生時代の栽培や農耕はどのように区別されるのだろうか。

 縄文時代には大豆や栗をはじめとした馴化された植物が利用されていたことがわかっている。だから農耕(Farming)段階に該当し、弥生時代と縄文時代を区別する根拠はない。 しかし、弥生時代をコメが主要な食物だった状態と解釈すれば(Agriculture)ではなく(Farming)段階であり、同じ農耕でも何らかの形で縄文とは区別されるべきということにもなる。
しかし、近年、弥生時代以前の少なくとも約3500年前からすでに陸稲(熱帯ジャポニカ)による稲作が行われていたとする学説が数多く発表されており、水稲である温帯ジャポニカについても縄文晩期には導入されていたと考えられていて、稲作開始時期自体が確定できない状態になっている。加えて弥生時代のコメへの依存度がどれぐらいであったのかという証明もされていない。

 つまり、国際的な基準に照らせば、縄文は栽培で弥生は農耕と区別するのはどうしても無理が生じてしまう。

 考古植物学、環境考古学を専門とする国際的に著名な考古学者、カナダ・トロント大学のゲイリー・クロフォード教授は日本の農耕に関する評価についてこう指摘している。

・縄文時代の栽培植物の存在を認めながらも縄文時代を狩猟採集社会であり、農耕社会である弥生時代とは異なるという考えは農耕の定義を狭くとらえている結果である。

・多くの日本人考古学者にとっての農耕とは「水稲耕作」という耕作法を指しており、イネも多様な作物の単なるひとつにすぎなかったということを無視している。

・縄文人を「豊かな狩猟採集民」と評価するのが日本の研究者の伝統的で一般的な考え方だが、そのことが世界的な食糧生産や農耕の歴史の議論から取り残されていくことにつながっている。

この指摘で思い出されるのが、世界史の中の日本の農耕社会への移行時期である。

sekai-jomon-m

 なぜ世界の中で日本だけが突出して農耕社会への移行が遅いことになってしまっているのか。

 クロフォード教授の指摘が正しいとすれば、縄文時代は豊かな狩猟採集社会だったから農耕社会への移行が世界で最も遅かったのではなく、農耕の定義を狭くとらえているから農耕社会への移行が世界で最も遅かったと誤認されてきたことになる。

「縄文時代は世界でも稀な豊かな狩猟採集社会だった。」

 そのフレーズは世界的な基準に照らせば、縄文時代を正しく表現したフレーズではないということになるのだろうか。

縄文農耕へのカウントダウン

縄文時代中期の勝坂式土器の中から、続々とダイズや小豆の圧痕が見つかっているようだ。それだけではない。土壌からもダイズや小豆の炭化種子が続々と見つかっているようだ。
 土器の中から大豆が見つかった例としては、2007年に山梨県北杜(ほくと)市の酒呑場(さけのみば)遺跡で出土した縄文時代中期の土器から、大豆の圧痕(あっこん)が発見されたニュースはまだ記憶に新しい。取手の部分に大豆が意図的に埋め込まれていたということが話題となり、当時の栽培植物の中のダイズがたまたま見つかったというような扱いだった。
 ところがその後のレプリカセム法というシリコンでかたどった圧痕を電子顕微鏡で調べる調査の技術進歩と、研究者の増という環境も相まって、どうやらダイズの圧痕は酒呑場遺跡の土器だけではなく、かなりの頻度で勝坂式土器の中から見つかっているようだ。
 また、土器以外にも土壌の中からもダイズや小豆の炭化種子が続々と見つかっている。長野県の考古学会長の会田進氏も、岡谷市の遺跡の土壌のフローテーション調査(乾燥した遺跡の土壌を水に入れて浮いてきた種実を回収する方法) と土器の圧痕調査を通じて、「やればいくらでも種実圧痕が出てくるので、もはやマメはあって当然のことと思っている…」とまで私信で述べているようだ。会田氏は「今回の発見は縄文農耕論を立証するものとは言えない。」と公式発表しているが、農耕論者でなくても中期の土器や遺跡土壌からは、今までメジャーフードとして想定されてきた栗やドングリ以外のダイズ、小豆が検出され続けていることを認めざるを得ない状況なのだ。

 なぜこのような事態になっているのか。

 それは、残りやすいものだけが残っているという現実をそのまま当時の生活の実態としたのが一因しているようだ。中身だけ食べて硬い殻が廃棄されるオニグルミやドングリやクリと、種子そのものを食べてしまうダイズやアズキとでは、遺跡に残される確率が格段に違う。そういう残りやすさの度合の違いを考慮するまでもなく、今までの発掘では検査方法の限界からマメ類自体はきわめて少なかった。ところが調査方法が進化したことで、土器や土壌からの出現率が非常に高くなってきたというわけなのだ。
 例えば、ドングリ類がまとまって発見されるのは、ドングリピットと呼ばれる貯蔵穴であり、これは考古学者にとっては低湿地で見つかるべきものとして躍起になって探す好対象となっているようだ。結果的に多数の貯蔵穴が見つかることになる。しかし、台地では炭化しないかぎりは保存されないから、保存目的のものとそうでないものの保存率の違いは歴然としている。「残りやすいものだけが残っている」だから残っているものだけで判断するならば、クリやドングリがメジャーフードということになってしまう。

 レプリカ法で数々の実績をあげ続けている熊本大学の小畑弘己教授はその著書「タネをまく縄文人」でこう述べている。

 「北陸地方・中部地方・西関東地方のダイズやアズキの圧痕のサイズから見て、縄文時代中期に大型化することから、縄文時代前期の終わりごろに栽培が開始され、中期には大規模な定住集落が中部地方と西関東地方を中心に展開する。やがて縄文時代中期末には遺跡数が減少し、規模も小規模になるが、その頃から徐々に九州に向かって西日本に大豆が展開し始める。(一部要約」

 今まで「縄文農耕」と言えばメジャーフードが特定できないばかりに異端視されてきた。しかしあと数年もすれば、「狩猟採集中心」「栽培」ばかり言っていると逆に異端扱いされかねないことになるのだろうか。

ゆらぐ縄文時代 稲作はどこまでさかのぼる?

稲作の開始が500年もさかのぼる?

ine   ごく最近まで、稲作が始まったのは弥生時代の初め、年代でいうと紀元前4~5世紀と推定されていた。 ところが平成15年の国立歴史民俗博物館の報告によると、弥生時代の土器に付着している「ふきこぼれ」の放射性炭素を加速器質量分析法(AMS法)によって測定したところ、考えられていたよりも500年も時代をさかのぼるという結果が出たというのだ。これが正しいとすれば稲作が紀元前10世紀ごろに始まったということになる。 この報告は考古学の世界を震撼させている。 紀元前10世紀から5世紀までは縄文時代晩期そのものであり、稲作の始まった弥生時代と縄文時代晩期が全く重なってしまう事になるからである。考古学の世界で長い間信じられてきたことをもう一度検証しなければならなくなったため、この問題をめぐって考古学界はいまや大論争の渦中にある。

さらに歴史はさかのぼるのか?

opal   岡山県灘崎町にある彦崎貝塚の縄文時代前期(約6000年前)の地層から、イネのプラントオパール(イネ科植物の葉などの細胞成分)が大量に見つかり18日、灘崎町教育委員会が発表した。  この時期のプラントオパールが大量に見つかるのは全国初という。イネの栽培をうかがわせ、これまで栽培が始まったとされている縄文時代後期(約4000年前)をはるかにさかのぼる可能性がある。縄文時代の農耕開始をめぐる議論に一石を投じそうだ。 同教委によると、プラントオパールの数は土壌1グラム中2000-3000個。岡山理科大の小林博昭教授と、ノートルダム清心女子大の高橋護・元教授が、地表から約2メートルの炭の混じった地層を中心に検出。イネのほかにキビ、ヒエ、小麦など雑穀類のプラントオパールも検出されているという。  当時、貝塚は海岸部にあり、イネは近隣から貝塚に持ち込んだとみられる。貝塚には墳墓があることやイネのもみ殻のプラントオパールも見つかっていることから、祭祀(さいし)の際の宴会や脱穀などの共同作業で持ち込んだと推定されるという。  高橋元教授は「見つかったイネは中国南部原産の可能性があり、大陸から伝わったイネではないか」と話している。  縄文時代のイネについてはこれまでも同教授らのグループが調査。4500年前(縄文中期)の姫笹原遺跡(岡山県)や6000年前の朝寝鼻貝塚(岡山市)でプラントオパールを検出してきた。しかし微量だったことから、上層からの混入や中国大陸から風で飛ばされてきたのではないかなどという疑問の声も根強かった。 (2005.2.18 共同通信) 小林達雄国学院大教授(考古学)の話 縄文時代を考える上で重要な成果であり、努力に大いに敬意を表したい。縄文時代の中期や前期に、断続的にイネが入ってきたとしても不思議ではない。重要なことはイネがあったかなかったではなく、あったとしても縄文経済や食生活に影響を与えなかった点だ。農耕とは呼べず栽培という程度であり、イネは多種多様な食べ物の一つにすぎなかったのだろう。(2005.2.18 共同通信)

縄文中期に稲作 熊本の土器で稲もみ圧痕を確認

akkon 熊本県本渡市の大矢遺跡から出土した縄文時代中期(約5000~4000年前)の土器に稲もみの圧痕(あっこん)を確認したと19日、福岡市教委の山崎純男・文化財部長が明らかにした。 全国最古のもので、縄文中期に稲作があったことを示す貴重な資料という。 圧痕は、土器の製作中に稲もみなどが混ざって出来た小さなくぼみ。 作物が栽培された時期を特定する有効な資料で稲もみとしてはこれまで、岡山県の南溝手遺跡など縄文後期(約4000~3000年前)の圧痕が最も古かった。 九州の縄文土器を調査していた山崎部長は、大矢遺跡の土器群を電子顕微鏡で解析した結果、縄文中期の土器から1点、縄文後期の土器から1点の圧痕を確認した。ともに長さ約3ミリ、幅約1ミリだった。 水田稲作は長く、弥生時代に朝鮮半島から伝わったとされてきた。しかし、近年は縄文時代に陸稲を含む農耕があったとする説が認められつつあり、稲作の起源に注目が集まっている。  山崎部長はこれまで、熊本市の石の本遺跡など約10遺跡の縄文後期以降の土器からも稲もみやコクゾウムシなどの圧痕を見つけており「縄文中期以降に稲作があったことは確実。今後も縄文農耕の解明に努めたい」と話している。 西谷正・伊都国歴史博物館長(九州大名誉教授=考古学)の話 「縄文中期に稲作があったことを示す確定的な証拠。稲もみの圧痕という実物で確認しており、貴重な発見だ。」 (2005.7.20 読売Online)