「 月別アーカイブ:2017年12月 」 一覧

第6回 縄文土器の女性記号「フクロウ」後編

 勝坂式土器は意味不明な模様や造形だらけです。意味不明であればそれを作った人々も意味不明な人間だったのではないかと思ってしまいがちです。しかし、私たちにとって意味不明に見えるのは、造形が何を表している …

第5回 縄文土器の女性記号「フクロウ」前編

 Webで「縄文土器 蛇」というキーワードで検索すると、蛇信仰など様々な情報がヒットします。おそらく土器に一目で蛇だとわかるような造形があるので、当時の縄文人は蛇を信仰していたのではないかというごく単 …

第4回 縄文土器の男性記号「男性自身」

 縄文時代のイメージというと、石棒を連想する人も多いと思います。 石棒は縄文時代中期に主に北陸、中部、関東地方で作られ、集落や住居単位で何らかの祭祀に使用されたと考えられていますが、なぜこのようなもの …

第3回 縄文土器の男性記号「蛇」

 今回は、男性記号である蛇の記号についてリアル系と省略系を例示しながら説明したいと思います。  蛇の装飾は男性を表していると考えています。なぜそう考えるのかというと、男性のシンボルをオーバーラップさせ …