縄文農耕はどこまでさかのぼるのか

 今までこのサイトでは縄文時代中期から中部・関東地方を中心に、大規模集落の生活を支えるような農耕が存在し、メジャーフードとしてダイズ、小豆を中心とする農耕がおこなわれていた可能性が非常に高いということを述べてきた。

 長野県の武居幸重は1986年に「縄文のデザイン」の中でこう述べている。

 「前期までは焼畑農耕を生活の基盤としていた。いったん火をかけ焼畑をつくると数年で収穫が激減する。そこを放棄して次々と新しい土地を焼いて畑をつくり、30年から40年後に初めの土地に戻るというサイクルで集落周辺を作りまわっていたのである。中期に入ると施肥を行って同じ土地を繰り返し耕作するという有機農法に切り替えたと私は考えている。しかしこの切り替えは一切の畑がそうなったというのではなく、食料確保の主体部が切り換えられたという意味であって、補助部分としては相変わらず焼畑は作られていたのであろう。」

 その当時、日本の考古学会は縄文農耕の存在について否定的であった。後晩期の農耕の存在さえ認めていないのだから、一民間考古学者が中期の有機農法の存在可能性に言及したところで、まともにとりあう研究者はほとんどいなかった。ましてや前期から焼畑が発達していた可能性があるとは、雲をつかむような話だと受け取られても仕方がなかったに違いない。おそらく現在でも縄文時代の農耕が前期にまでさかのぼる可能性について言及しても、それに異を唱える者も少なくないだろう。
 しかし近年、環境工学や地質学といった考古学と関係のない分野の研究者によって、縄文時代の狩猟採集以外の生業活動が早期までさかのぼる可能性が徐々に裏付けされつつある。

 佐瀬隆(北方ファイトリス研究室)は、縄文社会は火山灰に腐食植物を含んだ黒土(黒ボク土壌)、台地地形上に立地する傾向を持っており、黒ボク土壌は縄文人の生業活動による※二次林を生成した跡であるとしている。

※二次林 伐採や火災などによって失われた後に、自然に(もしくは少し人為的に)再生した森林。

 枝村俊郎(神戸大学名誉教授)や熊谷樹一郎(摂南大学 理工学部教授 都市環境工学科)も縄文遺跡の立地性向について、縄文遺跡は黒ボク土壌地帯,台地地形に分布する傾向を持ち、縄文文化=ナラ林圏説が必ずしも正しいわけではなく、黒ボク土のある土地に縄文時代の遺跡が分布していることを明らかにしている。
黒ボク土と遺跡の分布

 山野井徹(元山形大学名誉教授、東北大学総合学術博物館研究員)は、地質学的な見地から黒ボク土が微粒炭を高密度に含んでいることを指摘している。その微粒炭は、人為的な野焼きや山焼きが継続的かつ繰り返し行われたことによって作られ、縄文時代を通じてそのような大規模な野焼きや山焼きが集落周辺で常に行われてきたことを示しているとしている。

 野焼きや山焼きをしていたのであれば焼畑も存在したと考えるのは強引な推測かもしれない。しかし、これらの研究結果が示しているのは、集落の周辺地に焼畑に十分に利用できるような土地環境が、継続的かつ持続的に展開していたという可能性である。野焼きや山焼きによってもたらされた灰や炭は酸性土壌をアルカリ性に改良するだけでなく、カリウムと石灰分を含む肥料としても機能していたことは間違いないだろう。
縄文時代とは、世界に類を見ない豊かな狩猟採集の時代だったのではなく、様々な農耕技術を駆使した時代だった可能性が徐々に濃厚になってきている。はたして日本の考古学会は、この他分野からの問いかけに答えることができるのだろうか。

※焼畑農業 現代に知られている日本の焼畑農業ではヒエ・アワ・ソバ・ダイズ・アズキを中心にムギ・サトイモ・ダイコンなども加えた雑穀栽培型が一般的である。 焼畑の造成はキオロシと呼ばれる樹木の伐採作業から始められる。耕作地を更地にした後、しばらく乾燥させ火を入れる。その後に播種するが、1年目はソバ、2年目はアワ、といったように輪作される事が多い。耕作期間は3- 5年で、その後植林し、15 – 20年間放置して地力を回復させる。(Wikipediaより)

縄文時代は栽培か農耕か

 現在の教科書では、縄文時代は栽培だったが、弥生時代になってようやく本格的な農耕が始まったと教えている。しかし栽培と農耕との境界線はどこにあるのかということはあまり明確に示されていない。

 熊本大学の小畑弘己教授は、2009年にメキシコで開催された世界の植物考古学者のシンポジウム「農耕の起源‐新たな資料・新たな考え」で定義された農耕に関連する用語を紹介している。

 管理(Management)=野生種(植物もしくは動物)の操作とある程度の管理。栽培化もしくは形態的変化なしに。

栽培(Cultivation)=野生もしくは栽培化された植物の種まき。植え付けのための土壌の意図的な準備。

栽培化(Domesticaton)=植物や動物の形態的・遺伝的変化。

農耕(Farming)=※馴化(じゅんか)された植物や動物の利用。

※異なった環境、特に気候の異なった土地に移された場合、しだいにその環境に適応するような体質に変わること。

農耕(Agriculture)=狩猟や採集は続いているが、ある共同体の活動を作物栽培や家畜飼育が支配したり、主要な食物となること。

 これらの定義が世界の農耕と栽培に対する標準的な基準ということになるが、この基準によれば縄文時代と弥生時代の栽培や農耕はどのように区別されるのだろうか。

 縄文時代には大豆や栗をはじめとした馴化された植物が利用されていたことがわかっている。だから農耕(Farming)段階に該当し、弥生時代と縄文時代を区別する根拠はない。 しかし、弥生時代をコメが主要な食物だった状態と解釈すれば(Farming)ではなく(Agriculture)段階であり、同じ農耕でも何らかの形で縄文とは区別されるべきということにもなる。
しかし、近年、弥生時代以前の少なくとも約3500年前からすでに陸稲(熱帯ジャポニカ)による稲作が行われていたとする学説が数多く発表されており、水稲である温帯ジャポニカについても縄文晩期には導入されていたと考えられていて、稲作開始時期自体が確定できない状態になっている。加えて弥生時代のコメへの依存度がどれぐらいであったのかという証明もされていない。

 つまり、国際的な基準に照らせば、縄文は栽培で弥生は農耕と区別するのはどうしても無理が生じてしまう。

 考古植物学、環境考古学を専門とする国際的に著名な考古学者、カナダ・トロント大学のゲイリー・クロフォード教授は日本の農耕に関する評価についてこう指摘している。

・縄文時代の栽培植物の存在を認めながらも縄文時代を狩猟採集社会であり、農耕社会である弥生時代とは異なるという考えは農耕の定義を狭くとらえている結果である。

・多くの日本人考古学者にとっての農耕とは「水稲耕作」という耕作法を指しており、イネも多様な作物の単なるひとつにすぎなかったということを無視している。

・縄文人を「豊かな狩猟採集民」と評価するのが日本の研究者の伝統的で一般的な考え方だが、そのことが世界的な食糧生産や農耕の歴史の議論から取り残されていくことにつながっている。

この指摘で思い出されるのが、世界史の中の日本の農耕社会への移行時期である。

sekai-jomon-m

 なぜ世界の中で日本だけが突出して農耕社会への移行が遅いことになってしまっているのか。

 クロフォード教授の指摘が正しいとすれば、縄文時代は豊かな狩猟採集社会だったから農耕社会への移行が世界で最も遅かったのではなく、農耕の定義を狭くとらえているから農耕社会への移行が世界で最も遅かったと誤認されてきたことになる。

「縄文時代は世界でも稀な豊かな狩猟採集社会だった。」

 そのフレーズは世界的な基準に照らせば、縄文時代を正しく表現したフレーズではないということになるのだろうか。

 

 

土偶に隠されている意味

私たちは土偶を女性をかたどった存在として認識していますが、そこには女性以外にも別の意味が組み込まれている場合があります。例えば、男性を表す記号として男性器が組み込まれている場合があるのです。
 土偶は母胎であり、そこに男性器を一体化させることは命のはじまりである交合(性交)を表します。それは同時に畑に対する種まきも意味していて、無事な出産と豊作を意味しています。

 土器や土偶を見るとき、どう見えるのか、何を感じるかが重要です。その感覚を深く掘り下げると必ず理由があるはずです。

24768605935_e0881c958d_z

24675136471_c5efdf9d78_z

24401011909_ac5503351d_z

縄文農耕へのカウントダウン

縄文時代中期の勝坂式土器の中から、続々とダイズや小豆の圧痕が見つかっているようだ。それだけではない。土壌からもダイズや小豆の炭化種子が続々と見つかっているようだ。
 土器の中から大豆が見つかった例としては、2007年に山梨県北杜(ほくと)市の酒呑場(さけのみば)遺跡で出土した縄文時代中期の土器から、大豆の圧痕(あっこん)が発見されたニュースはまだ記憶に新しい。取手の部分に大豆が意図的に埋め込まれていたということが話題となり、当時の栽培植物の中のダイズがたまたま見つかったというような扱いだった。
 ところがその後のレプリカセム法というシリコンでかたどった圧痕を電子顕微鏡で調べる調査の技術進歩と、研究者の増という環境も相まって、どうやらダイズの圧痕は酒呑場遺跡の土器だけではなく、かなりの頻度で勝坂式土器の中から見つかっているようだ。
 また、土器以外にも土壌の中からもダイズや小豆の炭化種子が続々と見つかっている。長野県の考古学会長の会田進氏も、岡谷市の遺跡の土壌のフローテーション調査(乾燥した遺跡の土壌を水に入れて浮いてきた種実を回収する方法) と土器の圧痕調査を通じて、「やればいくらでも種実圧痕が出てくるので、もはやマメはあって当然のことと思っている…」とまで私信で述べているようだ。会田氏は「今回の発見は縄文農耕論を立証するものとは言えない。」と公式発表しているが、農耕論者でなくても中期の土器や遺跡土壌からは、今までメジャーフードとして想定されてきた栗やドングリ以外のダイズ、小豆が検出され続けていることを認めざるを得ない状況なのだ。

 なぜこのような事態になっているのか。

 それは、残りやすいものだけが残っているという現実をそのまま当時の生活の実態としたのが一因しているようだ。中身だけ食べて硬い殻が廃棄されるオニグルミやドングリやクリと、種子そのものを食べてしまうダイズやアズキとでは、遺跡に残される確率が格段に違う。そういう残りやすさの度合の違いを考慮するまでもなく、今までの発掘では検査方法の限界からマメ類自体はきわめて少なかった。ところが調査方法が進化したことで、土器や土壌からの出現率が非常に高くなってきたというわけなのだ。
 例えば、ドングリ類がまとまって発見されるのは、ドングリピットと呼ばれる貯蔵穴であり、これは考古学者にとっては低湿地で見つかるべきものとして躍起になって探す好対象となっているようだ。結果的に多数の貯蔵穴が見つかることになる。しかし、台地では炭化しないかぎりは保存されないから、保存目的のものとそうでないものの保存率の違いは歴然としている。「残りやすいものだけが残っている」だから残っているものだけで判断するならば、クリやドングリがメジャーフードということになってしまう。

 レプリカ法で数々の実績をあげ続けている熊本大学の小畑弘己教授はその著書「タネをまく縄文人」でこう述べている。

 「北陸地方・中部地方・西関東地方のダイズやアズキの圧痕のサイズから見て、縄文時代中期に大型化することから、縄文時代前期の終わりごろに栽培が開始され、中期には大規模な定住集落が中部地方と西関東地方を中心に展開する。やがて縄文時代中期末には遺跡数が減少し、規模も小規模になるが、その頃から徐々に九州に向かって西日本に大豆が展開し始める。(一部要約」

 今まで「縄文農耕」と言えばメジャーフードが特定できないばかりに異端視されてきた。しかしあと数年もすれば、「狩猟採集中心」「栽培」ばかり言っていると逆に異端扱いされかねないことになるのだろうか。

エゴマ土器

エゴマというものが縄文の遺跡からたびたび見つかっていることは知っていた。しかしゴマごときが主食になりえるとは思えない。

W_egoma5081
 ところが、2015年12月に、富山県の小竹貝塚の6000年前の土器にエゴマが練りこまれていたというニュースが流れた。山梨のダイズ土器や長野県下伊那郡のアズキ土器のように、近年の発見で土器に食物を練りこんで焼くことが、ごくごくまれというわけではないということがわかってきた。そこにもってきて直径24cm高さ24cmぐらいの土器に、両手にほぼ1杯のエゴマが練りこまれて焼かれたというのだ。
 土器の大きさに対してエゴマは結構大量に混ぜ込んであるなあ。きっと土器を焼くときはゴマの香ばしい香りがしただろうとか呑気な想像をしていたが、エゴマについて少し調べてみると非常に実用性のあるものということがわかった。

 エゴマはゴマという名前がついているけれど、紫蘇とほぼ同種のもので、ゴマとはまったく別のものらしい。葉も種子も食用になり、特に種子はαリノレン酸という成分が豊富に含まれているらしい。これは体内で分解されるとEPAやDHAという青魚に含まれている成分と同じものになるから、今の健康食やサプリメントブームの中でも話題になっているようだ。

 そうか、青魚が食べられなかった内陸では上質の食料だったろうなあ。またまた呑気に考えていたところ、エゴマの実用性はそれだけではなかった。

 エゴマの実には40%ほど油が含まれていて、絞ると油がとれる。この油は灯具用の油として室町時代の終わりごろまで使われていたらしく、他にも塗料、防水剤、油紙、和傘、提灯など、菜種油が流通するようになるまで使用されていたというのだ。
  そんなエゴマを大量に土器に練りこんで焼いたのはなぜだろうという本題。
燃やすことが目的ならそのまま火中に投じればいい。練りこむことで土器の強度が上がったりするという実用面があるのかといえばそういうことはまったくない。むしろ強度は低下し、実用性は下がる。でも練りこんで焼く。土器を焼くために大量の薪を使用して焼く。なぜか。

 彼らは、一見無駄な行為をしているように見えるけれど、それは彼らにとっては大真面目で不思議でもなんでもない普通の行為だったはずだ。なぜなら、土器を焼くという行為は、命を育てる畑であり母胎である土を使って土器という形を固定化する行為だった。現代風に例えれば、忘れてはならない情景を写真に収めたり、願いを込めて彫刻したりするのと同じこと。大地にエゴマがたくさん育ちますように。そう思って土器にエゴマの種子を撒いて混ぜて練って焼いた。ヒジョーにふつうのことで、別に無駄にもったいないことをしたわけではなかったのだろう。 彼らの生活の中では、エゴマやダイズや小豆というものが確実にランキング上位にあったはずで、その理由は実用性も含めて必ずあるのだと思う。

エゴマはただのゴマ程度のものではなかったのだ。

 

 

出産の表現

 生命が農耕に直結していた環境に生きていた彼らにとって、出産は農耕における収穫とおなじことでした。
 母胎から子供が生まれ、へその緒が出てきて、やがて胎盤が出てくる一連の場面は、大地に根をはって作物が成長し、実がなり、収穫される一連の過程とオーバーラップするものと考えられていたのでしょう。
 玉抱三叉文が出産と収穫を表すことは述べましたが、そのほかにも出産と収穫の表現があります。女性要素の記号に、へその緒を抽象化した隆帯や紐状の模様を連結する方法です。

女性器の造形に隆帯を連結して口縁部をぐるりと取り囲んでいる例。

女性器からへその緒が出て、無事な出産(収穫)を表します。
24551426520_6660029883_z


これも女性器状の造形に隆帯を連結して、女性器からへその緒が出て無事な出産(収穫)を表現していると考えられます。

女性器をカエルのような造形とオーバーラップさせているようにも見えます。
24820305186_2efa26f733_z


女性器の形状が一部破損していますが、これも隆帯を連結させて女性器からへその緒が出ている状態を表現していると思われます。

これも出産、収穫の表現です。

24218296134_079009192e_z


玉抱三叉文と蛇体文で交合(種まき)と出産(収穫)を表し、さらに逆三角形の隆帯に隆帯を下方に連結している
ように見えますが、ちょっとわかりにくいですね。 でも反対側から見ると …

24550858420_6c9d93dd53_z

  

土器の口縁部にも隆帯が連結しています。

土器そのものが母胎や畑を表していることはすでに述べましたが、

母胎から出産を終えて出てきたへその緒を隆帯で表現していると考えられます。

24218208164_9ef11b26e0_z

24550904570_67e7e1ebe7_z

 これも土器そのものを母胎に見たてて、口縁部からへその緒が出ているという構成になっています。

24550991710_e4cb82727b_z

口縁部を隆起させて、そこからへその緒が出ているような表現にしたと思われる土器もあります。

24218266434_444e0b813e_z

口縁部を隆起させて、そこから隆帯を出している土器もあります。

よく見ると湾曲した隆帯に三叉文がついています。

渦巻三叉文の意味は妊娠(作物の生育)です。

妊娠(成長)と出産(収穫)を同時に表していることになります。

24478891459_30ec32eb1a_z

横方向に隆起させた例です。

水平方向に飛び出ている三角の隆起と、ぐるりと土器を一周している隆帯を合わせると構造的には玉抱三叉文になります。そこからへその緒が下に伸び、くるんと丸まっています。このように垂直方向だけでなく、水平方向まで利用して造形を組み込んでいる例があります。

巧みに計算された彼らの空間の使い方には目を見張るものがあります。

24820358606_faa52111af_z














交合の表現

 彼らは、交合(性交)することは、畑に作物の種をまくことと同じだと考えていました。なぜかというと、農耕と生命の存続は直結していたからです。
 交合の結果妊娠し、無事に出産できても、その子を育てられるかどうか収穫によって決まったはずです。種まきなしに収穫も存在し得ない、つまり種まきは命を左右するという側面においても受胎行為と同様なのです。
 また交合なしに子孫も生まれませんから、世代交代と種まきの継続、ひいては畑の継承を左右する大事な行為と考えられていました。種まきと収穫、交合と出産という再生産サイクルを土器に表現し、自分たちが生きている世代だけではなく、それが次世代へと受け継がれることを重要視していたのです。
 1つの住居跡から、古い様式から新しい様式まで複数の土器が同時に見つかる場合がありますが、彼らは何世代にもわたってその考えを土器の模様や造形と口承を使って受け継いだのです。もちろん生活を支えるための畑も受け継いできたはずです。
仮に20年間で1世代が交代するとして1000年間の約50世代にわたって、そういう生活
が文化とともに受け継がれていたと考えられます。

 交合の表現は、男性要素の記号と女性要素の記号を近接させて配置します。

男性要素の記号とは、「蛇」「男性器」。

女性要素の記号とは「フクロウ」「女性器」「玉抱三叉文」「渦巻三叉文」「区画文」です。

この2種類の記号を組み合わせることによって交合の表現が生まれます。

横向きの玉抱三叉文を取り囲むように蛇体文を配置した例

玉抱三叉文を使っているので交合と出産という意味です。

種まきと収穫という意味も表しています。

24287591725_be8af57164_z

蛇頭部が欠けてしまっていますが、上の例と同じく縦の玉抱三叉文に寄り添うように配置されている蛇体文。

これも交合と種まきと出産という意味です。

24844588185_e63d3a669a_z

双環文と、その上に配置されたとぐろを巻く蛇体文。

畑を守る役割のフクロウ(女性)と蛇(男性)による典型的な交合の表現です。

交合を表していると同時に種まきも表しています。 

24726652392_1827482a1e_z

これもおなじく双環文の上に配置される蛇体文です。

交合を表していると同時に種まきを表しています。 

24476574769_c4f20ac321_z

これも双環文の上に蛇体文が配置されています。

蛇体文の尾の部分を女性器の表現とオーバーラップさせています。 

24216621124_e2598c9eae_z

横から見ると蛇体文に囲まれるように渦巻き三叉文が。

交合(種まき)と出産(収穫)に妊娠(生育、成長)を組み込んでいます。

24726867112_4ee7c93336_z

蛇体文(男性)と双環文(フクロウ、女性)をオーバーラップさせています。

小さい円文が並んでいますが、マムシの胴体の銭型模様を抽象化しています。

少し欠けてしまっていますが、首のところは男性器の亀頭部分とオーバーラップさせています。

23919771969_5e3d16f30f_z

この双環文を反対側から見ると、女性器の形状になっています。

これも交合(種まき)と出産(収穫)を表していることになります。

24769617325_af3c3914f1_z

区画文

 縄文時代中期の勝坂式土器が出土する地域で暮らしていた人々は、母胎から命が生まれることは、土から命がはぐくまれることと同じことであり、母胎=畑という考えを持っていたと述べてきましたが、はたして区画模様をそのまま畑と解釈していいのでしょうか?
 もし畑の畝(うね)の跡などが見つかっていれば、区画文と畑が大いに関連性があると考えられるのですが、現在のところ見つかっていません。だからどのような形態の農耕が展開していたのかまだはっきりわかっていないのが現状です。
 しかし、なぜ区画文を畑と考えるのかというと、土器の模様の中には玉抱三叉文の円孔や渦巻三叉文の渦巻の部分を区画文と入れ替えたと思われる例があるからです。
つまり玉抱三叉文や渦巻三叉文が示す「母胎」は区画模様と密接な関係にあること。また近年になって農耕が存在したことを示唆するような大豆や小豆などが縄文の遺跡から当たり前のように見つかり始めていること。そういう状況証拠を考慮すると、土器全体が区画文に覆われていたり、部分的に配置されている場合も含めて、土地の一定エリアを区画模様で表現している可能性が高いと考えているのです。
 区画文に玉抱三叉文を組み込んで、出産した状態と収穫した状態をオーバーラップさせて表現したり、渦巻三叉文を組み込んで妊娠している状態と作物の成長をオーバーラップさせて表現するなど、彼らの生活をささえていたものは、狩猟採集よりもむしろ農耕だったのではないかと考える根拠はそういうところにあるのです。

23920044509_86fe8303e3_z

24142597594_f54741bb8d_z

24770772145_7b811568c9_z

24744603396_f20a1a26df_z

24677367851_68b1ef2833_z

渦巻三叉文

 渦巻三叉文(うずまきさんさもん)は玉抱三叉文の円孔のかわりに渦巻きが配置された模様です。女性器のちつ口を簡略化した円孔の代わりに、へその緒を抽象化した渦巻が存在している、つまり「妊娠」している状態を表しています。
渦巻三叉文は、「妊娠」を表すだけでなく、別の意味もあります。畑を表す区画文に組み込まれて使われることが多いことから、畑で命が育くまれている状態=「作物が成長している」「命を宿している」ことを同時に表しています。

21625351843_90d5e0bb33_z

24142127604_dd3a8268e1_z

24402643319_a27df467b8_z

24744094256_12f8942272_z

24744269266_b2150d8819_z

玉抱三叉文

 玉抱三叉文(たまだきさんさもん)は辺が内側に湾曲した三角形と円孔または円で構成されている模様です。円形の玉を三叉文が抱き込んでいるように見えるところから長野県の一部ではそう呼ばれています。この模様も勝坂式の土器で使用頻度が高い模様です。
 この模様は女性器を抽象化したデザインになっています。女性の外部生殖器のちつ口を円孔に、陰唇を三叉文に抽象化して模様としていると考えられます。
 玉抱三叉文は、ただ女性器を表すだけでなく「出産」という意味、そして畑における「収穫」という意味を表します。
 玉抱三叉文の別のバリエーションの模様である渦巻三叉文とよばれる模様がありますが、これは玉抱三叉文の円孔を渦巻きに置き換えたものであり、ちつ口にあたる円孔(母胎)の中にへその緒が存在している「妊娠状態」を表していたのだと考えています。
なぜそのように考えるのかというと、土器の模様の中には、渦巻き三叉文→渦巻部分が円孔から飛び出る→玉抱三叉文 という妊娠から出産までの変遷を抽象化したと思われるデザイン表現があるためです。
 玉抱三叉文とは、母胎のなかにへその緒(渦巻き)が存在しなくなった状態、つまり出産した状態を表していると考えられるのです。

21623624244_3383785bdc_z

24141610124_5636f6ff42_z

蛇(男性)と玉抱三叉文 ↓

母胎(畑)を守る蛇(男)もしくは

男と女の合体(種まき)の結果としての出産(収穫)

いずれも無事な出産と収穫を祈るという意味になっています。

24142948883_f9615b4218_z

蛇体文と玉抱三叉文の組み合わせと考えればこれも同じ意味です。 ↓

24769839615_f8b77324bd_z

双環文(母・成熟した女性)と玉抱三叉文(女性器・出産・収穫)↓

無事な出産と収穫を祈願するという意味になっています。

24473988810_78abaa7355_z

 

表も裏も玉抱三叉文(女性器・出産・収穫)で側面から見れば双環文(母・成熟した女性)↓

24143017293_62a8c80e3a_z

これも構成はほぼ同じ ↓

24769888405_b57697468a_z

ここにも玉抱三叉文と双環文のセットがあります。出産したこどもが両手両足を広げて重なっているようにも見えます。彼らの抽象化と組み合わせのテクニックには思わずはっとさせられます。↓

24143073463_744f96e035_z